2021年01月21日

恩返し

中村憲剛引退セレモニー&優勝報告会



サッカーについては、
全く詳しくありませんが、



20:00あたりからの息子さんのスピーチ、
最後の中村選手のスピーチ


感動しました。




「Jリーガーってのは、お金を稼いで、いい車に乗って
いいものを買って食べて、サッカーをすればいいって、そう思ってました。
けど、このクラブに入って、そうじゃないことに気づかせてもらいました・・・」




中村選手のその言葉に、
いろんな思いが込められているような気がして。



何かを「やり抜いた」人の言葉だなと。



しかし、
中村「選手」としては引退ですが、
サッカー人(という言葉があるかは疑問ですが)としてはこれから。
サッカーへの「恩返し」をしていくことになるんでしょうね。





人気ブログランキングに参加しています
お願いします!




   

posted by mini98 at 23:35| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月20日

武士道

「剣道とフェンシング、対決したら勝つのは○○○」


こんなこと、テレビでやっていたんですね(笑)


まあ、これはフェンシングのテクニックというか、
剣をしならせて部位に接触させれば、ランプは点くので、
ルール上は「勝ち」になるのですが、
剣道側から言わせてもらえば「刃筋正しく」ない。
(フェンシングの剣に『刃筋』があるかは知りませんが)

もっと言えば、林先生の竹刀も「部位をとらえていない」わけで。



ルールの違う「競技」を、
しかもそれぞれの「審判」で「有効」を判断するという
話の持って行き方にそもそも無理がある。



それでも、
それぞれの競技を知らない人に「知ってもらう」ためには
必要なことではあったのかな?



武士道と同じように、
騎士道も尊い。






人気ブログランキングに参加しています
お願いします!




   

posted by mini98 at 23:54| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月19日

ひこうき雲

松任谷由実「ひこうき雲」


空に憧れて 空をかけてゆく
あの子の命は ひこうき雲


ユーミンの歌は、
ツマ(刺身の脇でない方)が彼女のファンであることもあって、
聞く機会がよくあるのですが、
この曲の意味について、今回初めて知る機会がありました。


この曲の背景には、「二つの死」が存在する。


一つは、ユーミンが高校3年生だった頃に近所で起きた団地の飛び降り心中。
そして、この出来事によって、小学校の同級生が高校1年のときに病気で亡くなったときのことを思い出したのだそうです。



寂しい旋律だなとは感じていましたが、
そう知って改めて聞くと、
これまでとは全く違った感覚があります。




高いあの窓で あの子は死ぬ前も
空を見ていたの
今はわからない
他のひとにはわからない
あまりにも若すぎたと
ただ思うだけ

だけど しあわせ





この「だけどしあわせ」の最後の言葉に、
生きることの大事さが込められている気がします。



「生きる」と「死ぬ」は表裏一体。
人間である限り「死」は離れることのできないテーマ。
ジブリの映画で、この曲がテーマソングに選ばれた時、
(題からすると、セーコちゃんが選ばれそうですが(笑))
その映画の宣伝に使われたキャッチコピーが、





「生きねば」





剣道で言われるところの、
生きることは、死ぬことと見つけたり。
に通じるところがありますね。






人気ブログランキングに参加しています
お願いします!




   


posted by mini98 at 22:22| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月18日

道具選び

完全手作りの竹刀@



完全手作りの竹刀A





剣心が伝わらなかったら、剣道は伝わらなかった。




職人さんの「心」を剣士はどう捉えているか。
考えさせられました。




竹刀職人自身は剣道をしない・・・と聞いたことがあって、
竹刀を作る際に「自分好みの」ものを作ってしまわないように・・・
ということらしいのですが、「弘光」さんがどうかはわからないですが、
竹刀の良し悪しがある程度、使う人の剣道の質を決めると、
おっしゃっているようにも聞こえます。




剣道とは?
を問い続けるのと同じように、
自分にとって最適な道具選びも試行錯誤しながら、
求め続けて行くものなのでしょうね。







人気ブログランキングに参加しています
お願いします!




   




posted by mini98 at 23:37| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月17日

源流

県立2校の募集停止検討ー県教委ー


A高校といえば、mini98が高校生の頃、プレジデント範士が剣道部顧問の強豪校。
ご存知ハンサムMさんや、ターヒロ先生は、同い年といっても私から見れば、
「スター選手」(笑)ですよ。いや、サインはもらいませんでしたけどね。



あの「銀色の胴」に憧れたものです・・・。



昭和50年にプレジデント範士が赴任された時の部員は5人。
新入生が8名入って13名でのスタート。



「3年でインターハイに行くぞ!」とその年に宣言された範士に対して、
生徒は大笑いだったそうですが・・・これを現実のものにするのが、
プレジデントマジック(笑)



その時「3年でインターハイに行く」という言葉を直接聞いた教え子のA先生は、
その後我が県教員となり、(実はmini98はA先生から現在の高体連H地区委員長を受け継いだのであります)
最後はA高校の剣道部顧問として定年を迎えられるという、なんか、壮大なドキュメンタリーみたいな話。




その時代を生きた者としては、
時代の流れとは言え、なんとも寂しい話ではありますが、同じ流れでも、
プレジデント範士からの「源流」は、脈々と受け継がれ、
大海に注いでいるのかなと。





人気ブログランキングに参加しています
お願いします!




   

posted by mini98 at 18:18| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月15日

生きていくということ

「最後の面。何が良かったかといえば、麺を打つ前の状態が良かった。
こちらの動き、誘いに乗らず、中心を外さなかった。ただ、あの機会を作ろうとすると、
相手にも相当の力量がないとできないだろうね。
試合の上手い人というのは、中心が取れないと思ったら、それを外して『当てにくる』
わけだから、あれ、おかしいなあと迷ってしまい、今の状態を崩してしまわないように
気をつけなければいかんよ」
(2010年プレジデント範士)



相手の弱いところ、
相手の裏をかくのではなくて、
相手が充分に打ってくる(と思わせる)機会を
自ら作っていく。

「のっぴきならない」状態に自分から飛び込む。

その状態を前に進めていく。




なんだ





日々生きていくことと一緒ではないか。








人気ブログランキングに参加しています
お願いします!




   





posted by mini98 at 23:49| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月14日

人を育てる

原監督 神林キャプテン



原監督第2弾。
中高部活動、学生スポーツこうあるべき。



以前、まだmini98が剣道指導者として若かりし頃、
プレジデント範士の教え子から聞いたお話があって、

団体戦で、代表戦になったとき。
監督は選手を集めてミーティングをするわけです。
その時範士が、選手に問われる。


「誰を代表にしたらいいと思うか?」


●●がいいと思います。

いや○○だと思います・・・と口々に選手名が出されるわけです。


それをじっと聞いておられたプレジデント監督(当時)が一言。




「なんで、誰一人『僕が行きます!』って言えんのんや?」




・・・そこから先の話はよく覚えていないんですが、
プレジデント範士が、その時のチームの見ての一言だったと思うので。
教育者として「すごいなあ」と。




勝ち負けは後で、
まずは自分たちに一番欠けているものはなんだ!と、
生徒たちに突きつける余裕というか。
「どう勝たせるか」よりも「どう育てるか」だったんじゃあないか。



そんなことを感じたことを思い出しました。




不満ばかりを言っていてもしょうがない。
「自分に何ができるか」を考えていこう。






人気ブログランキングに参加しています
お願いします!




   




posted by mini98 at 19:09| Comment(2) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月13日

縦軸と横軸

青学 原監督 コロナ禍の若者に伝えたい授業


縦軸、横軸のお話は、
確かにそうだと思いました。

陸上一筋でやってきて、
いきなりサラリーマンの世界に放り出された時に、
自分には人を喜ばせる力も、何かを企画する力も、
何もないことに気づかされたし、
そんな自分に腹が立った。

その経験を持つ原さんだからこその授業だと。






人気ブログランキングに参加しています
お願いします!




   

posted by mini98 at 23:41| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月12日

花と蝶

無心



花は無心にして蝶を招き
蝶は無心にして花を尋ぬ

花開く時蝶きたり
蝶来る時花開く

吾亦人を知らず
人亦吾を知らず

知らず帝の則りに従う
(良寛)




極意はすでに「我が身の内にある」
そう信じる。そう信じて稽古していく。


稽古していると、
「思わず」「無心に」打ってしまっている場面がある。
そんな時は、相手と自分との区別のない状態というか、
「自分が」という気持ちがなくなる瞬間というか。

剣道経験者ならば、誰もが感じる一瞬。

でも、それを追い求めても手には入らない。
追い求めなければ自分に近づいてこない。



私は、そういうものを追い求めているのだ。



例えば



閑かさや岩に滲み入る蝉の声
(芭蕉)



蝉の声が岩に滲み入ることなどありえない。
でも、芭蕉はそう思えたわけです。




その状態を相手と対峙する中で作り上げていく。
剣道するとはそういうことなのなだあと。






人気ブログランキングに参加しています
お願いします!




   




posted by mini98 at 22:56| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月11日

十牛図

丑年ですので、
牛といえば・・・


大森曹玄老師 十牛図@

大森曹玄老師 十牛図A


確か、以前A馬範士から、範士昇進記念の手ぬぐいをいただいた際、
手ぬぐいに「騎牛帰家」の図が描かれていた記憶があります。


剣道の最高位「範士」となっても、
まだ先がある。
「牛」は逃げたり、暴れることは無くなったが、
それで終わりではない。


十牛図は、さらに


「忘牛存人」(捕まえた牛は消えたが、自分の心の中にいるのでいなくても良い)
「人牛倶忘」(牛も人もいない。悟ったことも、悟った自分も忘れてしまう)
「返本還源」(悟る前から全ては目の前に存在していた)
「入鄽垂手」(結局は元の俗世界で生きていく)



・・・と続いていくのですが。



今のmini98は、まだまだ「尋牛」(牛を探す旅に出る)段階でしょうか。
あるいは「見跡」(牛の姿は見えないが、足跡は見つけた)段階ぐらいかな?



牛全体の姿とはいかないかもしれませんが、
お尻とか尻尾ぐらいは見える段階に今年は行きたいですね。



丑年なので。






人気ブログランキングに参加しています
お願いします!




   


posted by mini98 at 22:20| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月10日

直心影流





映像の中に、大森老師が新聞紙に向かって書道をしておられるところが出てきますが、
mini98、同じことを学生時代に週一回、妙心寺霊雲院で行っていました。
「筆禅」なんてことも聞かされず、ただ先輩がやっておられることを繰り返していただけですが・・・
直心影流の独特な木刀も、剣道部の竹刀入れの中に無造作に並べられていたように思います。
学生時代は「変わった木刀が置かれてるな」くらいにしか思いませんでいたが・・・

ただ、丸田師範は、その木刀に大変興味を持たれていたことを思い出しました。



目の前に大事なものがあっても、
自分に「受け止める力」がなければ、
それを掴むことはできないのです。



でも、学生時代なんてそんなもんですよね。



卒業してから、
「点」を「線」に繋げていくことが、
必要なのだと思います。






人気ブログランキングに参加しています
お願いします!




   

posted by mini98 at 23:51| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月09日

達人の技

シリーズ過去の自分に(笑)



2005年、初めて勝浦の研修会(「全国高等学校・中学校剣道(部活動)指導者研修会」)に参加しました。
都会の先輩、ナカジ先生、春霜会事務局長さんという、mini98的には豪華なメンバー(笑)でしたね。


中学・高校の剣道部指導者の方は、絶対に一度は参加した方がいいよと太鼓判を押す研修会であります。


当時の稽古日誌を見ると、
林先生、岡村先生、目黒先生、中島先生、遠藤先生、
作道先生、朝内先生という八段剣士に稽古をお願いしていますね。
こう言っちゃうとなんですが、
勝浦の朝稽古には変わった「掟」があって、
お願いしたい先生の剣道具の前に、自分の面を置いて稽古の順番とりができるのですが、
mini 98それを知らなくて、2日目の朝稽古で一番かかりしたのが作P範士。



その時の稽古の印象が強烈で。


mini98作「サクP達人の技動画」



もう一つ、「達人の技」と言うのならこの技、ということで・・・
「プレジデント範士達人の技」




技の「結果」に目が行きがちだけれども、
実は、その前の「過程」にこそ技があるということに気づくのに、
時間はかかりましたが・・・さらに自分の身体で表現するとなると・・・。




その時の勝浦で、岡村先生の
「あなたは試合や審査がなくなっても、剣道を続けますか?」という「公案」をいただいたのです。



隻手の音声




その答えを、いまだに追い求めているのかもしれません。




人気ブログランキングに参加しています
お願いします!




   


posted by mini98 at 23:52| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月08日

過去の自分に

「月終わりのことを『みそか』というらしい。12月の終わりは『大みそか』
新年の初めに『よし、今年は!』という気分になる人はいるが、毎月・・・いや、
毎日の初めに『よし!』という気持ちになることも大事なことなのではないか。
『初心』は大事である」
(プレジデント範士、2010年年頭のご挨拶)


続いて、その時の範士との稽古後。


「最後の小手。あれだけの打ちを『打たれる』ということは、逆に言えば、
それだけこちら側(範士の側)に近づいているというか、合気に近くなっていると言える。

あの小手までに2度ほど誘ったのだが、それに乗らなかった。それは、まだ合気でないと
見たのか、それともまだ相手に乗り切れていなかったのかは自分自身で分析してみるといい。
これからは、見せかけの動きに乗らない。あるいは、相手がその動きを見せた時に、
こちらから打ち抜いていく。出させたところに応じる、ということが大事。
言葉にしてしまえば、それは当然なんだけど、それを身体で表現することは、大変なこと。
それこそ身体で覚えていくしかないんよ」



・・・思えば、「打たれること」は決して悪いことではないと思えたのは、
この言葉があったからだったか・・・。
範士の言葉は、時に厳しく、そして示唆的である。


本日は、「丑年にあたってのお宝文章」をマニアック先生から頂いた。
それはおいおいご紹介することにしますが、約10年前のプレジデント範士の言葉と、
mini98自身の姿勢に、今の自分が勇気づけられるとは思っていませんでした。



だから、



今の自分の努力はきっと、
将来の自分自身を励ますことにもなる。




よし。








人気ブログランキングに参加しています
お願いします!




   




posted by mini98 at 23:20| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月07日

ちゃんとやってよ

「イチロー独自の指導法と教育論を語る」



練習量が多い=本能的に「最後まで体力が持つように調節してしまう」癖がつかなければいいな
=限界まで、全力で。



練習でそれができなきゃ、試合でできない。



基本を大事にするとはよく言うけれど、
基本ほど厳しいものはない。


「プレッシャーを楽しめたらいい」・・・なんて、ありえない。
その上で結果を残すことが大事。


指導が成立するためには、ある程度指導者が怖がられる存在でないと
成立しない。ただ厳しいだけではダメで、そこに「愛情」がないと。


「生きていく上で2つ分かれ道があって、自分にとって厳しい方を
選べる人間になってほしい」




指導者にとっても、心に響く言葉があふれています。




生徒たちに対しての最後の言葉も、
ちゃんとイチローなりに考えての言葉。


いやいや・・・「ちゃんとやってね」ではなくて「ちゃんとやってよ」って言ってるんですよ。



ここにもイチローなりの指導論があるんですね。
拝見して、すごく刺激を受けました。







人気ブログランキングに参加しています
お願いします!




   


posted by mini98 at 22:39| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月06日

ミライ☆モンスター

ミライ☆モンスター剣道 斉藤とも



この年のインターハイ、mini98は審判として参加させていただいて、
この試合もリアルタイムで見ていたわけですが・・・



この高校だけでなく、それぞれの高校でこういうドラマはあるわけです。



そしてその「思い」を持って臨んだ2020年、インターハイ中止。
今回の主人公、斉藤さんの無念たるや想像を絶するわけです。



それでも、今回の状況は受け入れなければいけない。
それは指導者も同じです。



この状況の中で「何を生徒に伝えるべきか」を考えなければならない。
安易な方法に流れるべきではない。
まさにプレジデント範士が言われる「自分が試されていると思っている」場面そのもの。



試合なんかなくてもいい。
そんなもの無くたって、この世代の子たちは、
しっかり剣道界を支えてくれる、



「ミライ☆モンスター」


になってくれると思っています。







人気ブログランキングに参加しています
お願いします!




   

posted by mini98 at 18:21| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月05日

まさに「負けの肯定」

箱根駅伝 最終10区の熱き戦い


駅伝という競技は、スター選手がいても勝てない。
「総合力」がものをいう競技なのだそう。
どの大学も「スター」というべき選手を揃えてもなかなか抜け出せるものではない。


いつもなら年始に、なぜかずっと見ている箱根駅伝ですが、
今年は見る気がせず・・・という時に限ってこういうドラマが(笑)


勝った駒澤大学は久しぶりの総合優勝、
2位の創価大学、立派でした。



負けたからこその「気づき」もある。
勝たなければ「気づけない」こともある。



見ている私たちにもそれが伝わってきます。
(見てないけど)






人気ブログランキングに参加しています
お願いします!




   


posted by mini98 at 23:52| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月04日

ガラスの天井

「ガラスの天井」はまだ打ち破られていないアメリカですが、
FBに興味深いエピソードが紹介されていました。



ビル・クリントンが大統領在任中に
妻のヒラリー・クリントンと
ガソリンスタンドに行った時に
そのガソリンスタンドの店長が
ヒラリーの元カレだったそうです


「きみは運が良かったな!
あいつと結婚してたら今ごろ大統領夫人じゃなくてガソリンスタンドの店長の妻だったね!」


それを聞いたヒラリーが、ビルに返した一言。



「なに言ってるの?私が彼と結婚してたら
彼が今の合衆国大統領よ!」




さすがヒラリー。


ですが、本当はヒラリー自身が大統領になるつもりだったんでしょうね。
「ガラスの天井」、近いうちに必ず突き破れると思います。






人気ブログランキングに参加しています
お願いします!




   

posted by mini98 at 23:39| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月03日

懸かる稽古

春霜会盆稽古、年末稽古とも中止になって、
先輩・後輩たちや、現役選手との稽古が今回はできない状況でした。


非常に残念。


ずっと続いてきていただけに、
春霜会会長さんや、事務局長さんもさぞ無念であっただろうと。
それは会員であるmini98も同じ思いであります。



実は、この春霜会の稽古の機会にmini98が取り組んでいる課題があって。


それは、先輩方に「懸からない稽古」をするということでした。
例えば、一番近い先輩、一学年上の憲ちゃん先輩に対して、
「先輩、稽古お願いしまーっす」みたいな感覚でずっと「懸かって」稽古していたんですが、


いつまでもそれじゃダメなんで。


先輩は先輩として敬いつつも、
稽古はあくまで同等。気の攻めあいじゃ。
なんぼのもんじゃ!と最近生意気に稽古しているわけです(笑)


それができたりできなかったり。



あと、思ったのは、
プレジデント範士のアイデアで、
崇菱会稽古が誕生月での割り振りになったことで、
都会の先輩と稽古する機会に恵まれました。

年末の稽古。
最初の稽古は「懸かる稽古」になってしまって・・・
(これ、誤解しないでくださいね。かかる稽古は大事な稽古なんです)

でも、2回目の稽古では、
幾分吹っ切れて、前半は「何くそ」でいけたのですが、
後半はやっぱり先輩に懸かってしまいました。



都会の先輩からの賀状に、
「動画やブログが自分の学びになっている」という言葉があり、
恐縮しています。



失礼で、ちっともかわいくない後輩ですが、
今後ともよろしくお願いいたします。






人気ブログランキングに参加しています
お願いします!




   

posted by mini98 at 18:58| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月02日

名脇役

IMG_0024.jpeg

スパイス先生からお年賀いただきました。
これがそのまま「ハガキ」として送られてきてびっくり。



「和風香辛料の伝道師」



「脇役ではあるが『名脇役でありたい』」



ああ、まさに自分だなあ・・・私はどの場面でも「主役」にはなれないし、その力もない。
だけど、主役を引き立てる脇役に徹することはできるのではないか。
「香辛料的生き方」は大事な視点ではないかと。



スパイス先生、
ありがとうございました。






人気ブログランキングに参加しています
お願いします!




   

posted by mini98 at 23:42| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月01日

人生から問われている

マニアのみなさま。

明けましておめでとうございます。



「人が人生に意味があるかを問うのではなく、
人生が人に『生きる意味』を問うている」
(『夜と霧』フランクル)






プレジデント範士がよく、
「自分に対しての仕事の依頼や与えられたポストについて、私は常に
『自分が試されている』と考えて取り組むようにしている」
と言われる。



自分がやりたいこと、なりたいものを追い求めていくことはもちろん大事だけれども、
自分の目の前に、そう都合よく求めているものや状態が舞い込んでくることはない。


自分が「生きる意味」を問い求める必要はない。
人生の方からの問いに、答えを出し続けるしかない。




新年にあたり、
〜したい、とか
〜になればいい、とか
考える人は多いけれども、



ここは一つ、
無意識に、この一年どんなことが起ころうと、
それは「人生から自分に問われていること」として受け入れていく、
そういう覚悟を持って生きていくことにしませんか。




今年もよろしくお願いいたします。
「直心是道場」を今年もよろしくお願いいたします。







人気ブログランキングに参加しています
お願いします!




   

posted by mini98 at 23:35| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする