2020年11月24日

審判の力量

連続「相撲ネタ」失礼します。



「炎鵬VS千代大龍」



コメント欄にもありますけど、
行司さんの判断が立派。
普通なら「待った?」と思って止められる場面ですが、
そこに至るまでの両者の気持ちや、立ち合いの瞬間のところを
「読み切って」続行させたわけです。



試合者と審判の「合気」とでも言いますか。



それこそ、審判は、試合前の選手の振る舞いから見ておく必要がある。






人気ブログランキングに参加しています
お願いします!




   



posted by mini98 at 19:07| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。