2020年04月10日

証(あかし)






審査員 講評  
 私にとって、この学校の演奏を聴く体験は初めてではありませんし、少人数で見事な演奏、という賛辞も過去に書いたことがありますから、そのことを取り立ててもう一度言わなくても、と思っていても、6人でこの演奏をされてしまうと、驚かないわけにはいきません。演奏自体が感動的で、私の大好きな作品が見事に歌われ、私は演奏を聴いている間感動で体が震えっぱなしでした。私は「作品が悦ぶ演奏」という表現を好んで用いますが、この演奏を聴いていると、人が歌を歌うことの喜びと気高さにあふれていて、この演奏をされたことでこの名曲の価値は一層高まったように思いました。一人ずつの声がまっすぐで、しかし若い声のまっすぐな声作りで陥りがちな硬さがなく、ふくよかな響きと清潔感があり、なんとも良い声に聞き惚れてしまいました。良いヴォイストレーニングをされているのでしょう。私は合唱人口が増えることを願っているので、秋田東中の皆さんの仲間が何十人にもなるといいな、と思いますが、少ない人数だからこそ、個別の処方箋を丁寧にもらえる良さもあるのかな、と感じました。




環境を言い訳にしない。

困難な状況であっても、人の心を震わせるようなものを残すことができる。
6人全員が、それぞれが果たす役割を理解して、自分の力を出し切りながら、対立(周りに引きつられないという意味で)しながらも調和する。




さて、来週から職場はまた新たな局面を迎えます。
ほんまにこれ、できるんかいな?という決定もされたんですが(いや、若い人にはなんてことないことかもしれないんですけれどね)
それでも、「生徒ファースト」で考えたときは、それが考えられる限りでのベストなのかなと。




ある日の稽古日誌。
「相手の手元を許さない。動きを手元でまず押さえる・・・ここの乗り合いが面へ現れる」
「攻めながら守るのか、守りながら攻めるのか」
「相手がどうしようか、前に出ようか下がろうかと決めかねているところにスッとこちらから入ってやると、相手は引っ張り出されてくる」
「一つのことに囚われすぎない。感性の高さがあれば、インプット さえしておけば良いのだ」








今、確実に自分は「稽古」しているのだ。









人気ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!




   

posted by mini98 at 22:51| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。