2020年03月27日

「力む」ということ

「武田鉄矢 今朝の三枚おろし」


通勤時に毎朝拝聴しています。
「力み(りきみ)」についての考察。



「教えたがる」ことが力みに通じる。
なるほど。「教える」ことを生業としている身にとっては、耳の痛い話ではありますが、
「教えることは教えられることでもある」ということは、身をもって感じられる立場にいることも、
自覚しているわけです。



バタバタの3月も後半に入りましたが、
4月からの動きも視野に入ってきました。
明日は、休業日ではありますが緊急の会議が入りました。



自分自身、いろんな決断をしなければならない立場でもあることは理解しています。
様々な意見のある中で、最適の解を見出すことは簡単なことではない。




何を第一に考えなければならないのか。
そこを見誤らないようにすることが大事である。










人気ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!




   

posted by mini98 at 23:45| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。