2020年03月20日

捨身の面

森島先生とmini98は、なんのご縁もありませんが(笑)
直心でもたびたびご紹介してきたこの動画。



これまで、お相手の奥山先生の「巻き上げ」に注目していたのですが・・・
あらためて拝見すると、現在の試合・審判運営要領や、規則にはありませんが「片膝ついて」の所作ごととか、
何だかそういうことにとらわれない「おおらかな感じ」が伝わってきます。

奥山先生の「捨身」の面も素晴らしい。



さらにさらに










森島先生の「捨身の面」もグッときます。
まさに身を捨てての面ですね。




この気持ちを持って事に当たりたい。
すっかり萎えてしまった気持ちを奮い立たせてくれる動画でした。




負けてたまるか。





人気ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!




   

posted by mini98 at 18:47| Comment(3) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎日のように剣道に向き合っておられる姿に敬服します。

この冬、定期的にお願いしている八段の先生との稽古会に向けて職場を出たところ、あまりにも仕事が遅くなってしまい、その稽古場の途中にある少年を対象とした剣道クラブに途中下車のような形で参加しました。
(今考えれば、とても失礼な稽古参加だったと思います。)

そのクラブは寒稽古ならぬ、おおくの時間を懸かり稽古に割いており、子供たちはとてもしんどそうでした。
喜んだのは、指導者で、『一人でも基立ちが増えてよかった。今日は鍛えてください』とのこと。

時間がたつにつれてhirotaiに懸ってくる子供は減ってきました。そのうち基立ちが空くようになりました。

「余分な基立ちが増えて申し訳なかったなあ」なんて思っているところに、低学年の女児が、体育館の隅っこから、hirotaiに向けて、『面の中じゅう口にして』向かってきました。


「いやああーーーーーーめえええええええんーーーーー!」


面の中でhirotaiは真剣に考えこみました。

『俺って、こんな捨て身の面を打ってたっけ?』

小学生にとって危機的状況で、だまって見て見ぬふりすればよいものを、面紐でもとれたふりをすればよいものを
なぜ、この女児は、体育館の隅っこから、わざわざ指導者でもないhirotaiを探して打ち込んできたのか。

強くなりたいから?
行かないと怖いから?
hirotaiが優しいから?
それとも理由なく?

わかりませんが、こんな怒涛のような面を真剣に受けました。
稽古が終わっての座礼では、子供に頭が上がりませんでした。完敗です。

教えてもらうのは八段の先生ばかりでないと痛感しました。
Posted by hirotai at 2020年03月20日 22:45
感染症の問題も含め、『思ったようにいかない』ことが多い毎日ですね。
毎日の『ルーティン』で成り立っていることが前提となってきた職場では、こういったイレギュラーに対して、後の先を活用した戦い方が難しいことがあるようです。
バイアスがかかって,とるべき判断を間違いそうになることがあります。

きちんと情報をあつめて、機会を見極めて、そのなかに起こりうるリスクも十分知って、思い切りよく、行動を起こし、その行動のケアをする。

こんな流れで、仕事をすれば、勤務時間のいかなる場面も、竹刀を持たないで稽古ができます。
攻め合いからの面打ちと、やってることが一緒だからです。
自分が判断して実行することばかりでなく、『自分の行動』を叩き台にして、みなさんに批判も含めて判断してもらい実行してもらうこともあるかもしれません。
こういうことが『捨て身』なのかなあ、なんて考えています。

もしかしたら、今しかできない稽古になるかもしれません。思ったとおりにならないものこそ、一番いい稽古相手です。

いつか稽古が思うようにできるようになったとき、剣道の技に生かされるといいなあ。

Posted by hirotai at 2020年03月20日 23:05
hirotaiさん。
今だからこその稽古ですね。

今、この動画に出会えた事(これまでも見てきたことは間違い無いのですが)
こんな時期だったからこそだと思っています。


大好きだったものを奪われたからこそ、
何かを得られるということもあるのかも知れません。


だから、失敗なんてないのです。


そうでした、
自分自身がこれまでそう主張してきたのにね。




「思ったようにいかない」
そんな場面で、自分自身を切り開いていく作業のことを、
「武道」というのだ。



忘れていました。




hirotaiさん、ありがとうございます。




Posted by mini98 at 2020年03月20日 23:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。