2020年02月18日

追体験?

今から三十年以上前、
mini98の大学卒業に際して、
両親は・・・

今思うと「田舎者」だったのかもしれませんが、
引越し業者さんにお願いするという発想がなかったようで、



父親が車で京都までやってきて、荷物を運んで帰ったような記憶があります。
今となっては確かめようもないですが。



よくやってくれたなと、
今更ながら思うわけです。



さて。



あの時の父親の心境。
今、当時の父親と同じ年代・同じ立場となったmini98。
何だか理解できる気がします。


全然実家に連絡しない息子に対して、親がどんな気持ちでいたのか、

mini98の下宿先へ、親から届いた宅配便。
中身は食料でいっぱい!
「こんなん、送ってくるなや!」と当時は思っていたものですが、
今考えてみると、親なりに息子の生活を想像して、
必要だと思われるものを送っていたんでしょうね。


今更ながら、涙が出てきます。



子を思う親の気持ちは、
親にならんとわからん。
ということを親になってから知る。



というわけで、



当時の父親の追体験!ではないけれど、
息子の引っ越し、行ってきます!









人気ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!


   



posted by mini98 at 19:19| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。