2020年11月30日

5000円の弁当

震災時「5000円の弁当」で儲けた店が3ヶ月で閉店した理由



公民の授業で、中学生たちに、


「私企業の目的は利潤をあげること」


と教えます。
そのこと自体は、私たちに保障された権利であり、
個人の財産を守ること、幸福を追求していくことは当然のこと。


これまで何度もここで言ってきたことなので、
「またか」と思われるかもしれませんが、
mini98がママゴトみたいな自営業をやっていた時、
ちょうどhirotaiさんとタイダイの寒稽古に参加しようと車を走らせていると、
お客様からお仕事の電話がmini98にかかってきました。

「はい、大丈夫です。ありがとうございます!」と返答するmini98を見て、
その電話を切った後一言。



「mini98さん、今の『ありがとう』は教員時代には多分言えなかった言葉ですよね」



私は、その言葉が本当に嬉しかったし、その通りだなと思ったのを覚えています。
教員に復帰した今も、その時の気持ちは忘れないようにしているつもりです。



人を相手にする仕事というのは(考えて見れば仕事というのは全てそうかもしれませんが)
お金のやり取りの前に「人間同士の信頼関係」がまず成立しているかどうかが必要。



食料が不足していて、みんなが困っている時に、
「5000円の弁当」を売るような真似はしたくない。




コロナ禍の中で経済活動が停滞している、という。
こんな時だからこそ、「信頼」が商売の大事なキーワードになるのではないかと。




人と人との付き合いということで言えば、
稽古も同じ。
「5000円弁当」のような稽古にならないようにしなければ。








人気ブログランキングに参加しています
お願いします!




   

posted by mini98 at 22:54| Comment(1) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月27日

虫が好かない

息子の勤め先の学校の生徒が、
和文英訳の添削をお願いしてきたそうで。


「彼はイケメンで、性格もいい。でも、どこか虫の好かないところがある」



という文章について、その子が書いたのが。



"He is good-looking and very kind . However, he doesn't like insects."



「虫が好かない」(なんとなく気にくわない)という日本語がその子に通じていない。
確かに今ではあまり使わない言い回しですが。
「国語」としての日本語の扱いが雑になっていないかと。



息子は「笑い話」として私に話してくれたのですが、



笑い事ではない。君は英語の教員として、
日本語をどう考えているのかと。




息子にとっては「もらい事故」的な「説教」でしたが(笑)




でも言っとかないと!






人気ブログランキングに参加しています
お願いします!




   

posted by mini98 at 23:46| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月26日

竹刀という剣(人権バージョン)

「人権週間」であります。
(本来は12月なのですが、本校ちょうど試験週間に当たるので・・・)






こんな事件が起こる一方で、
こんなことを言う人たちもいる。









生徒たちに「差別」について話をすると、
たいていの生徒は、

「差別がなくなればいい」
「差別する人は許せない」

という感想を言います。
それは100%「正解」です。
テストでは満点です。



先日、ツマ(刺身の・・・もういいか(笑))と出かけた際、
運転していて、気の利かない運転をする車に対して、

「こういう運転するのって、たいてい「女」なんだよね」とmini98が言うと、

すかさず

「そう言う「男」が一番許せんのよね!」とツマ。




この問題に関しては、自分の中の「差別性」をえぐり出さなければ、
何の意味もありません。
「差別してないかテスト」で100点取れても、何の役にも立たないのです。





竹刀という剣は、相手に向かうと同時に、自分にも向けられた剣でもある。







人気ブログランキングに参加しています
お願いします!




   


posted by mini98 at 23:47| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月25日

ひさびさ

崇菱会稽古。
本日プレジデント範士はご出張のため、会長先生による基本稽古。
プレジデント範士のこれまでのご指導内容を忠実に再現されながらも、
会長先生なりの「分析」を加えられたご指導で、mini98としては、
興味深かったですね。


さて、後半の地稽古。
久々に都会の先輩にお願いしました。



もっとかかるべきだったか、
相手を伺うような稽古になってしまったのではないか。
反省の多い稽古でしたが、先輩の「気」をいただけたような。

途中、追い詰められた状況を打破すべく、
突きなども出してみましたが、mini98の中では、
これは今まで無かったことで、稽古には集中できていたのかなと。


稽古が始まる前、
布袋様に声をかけられました。

「mini98さん、あんた、ええ面打つんじゃが、全国にはええ面打つ人はなんぼでもおる。
プレジデント範士と比べてワシが思うのは、右足の「出」がもう少し足らんということかなと
ワシは思うんよ。ええ面なんじゃが、そんな面を打つ人は全国にはなんぼでもおる」
(大事なことだから2回言われたのかなと(笑))


いやー
全国になんぼおってかはわからんですが、
布袋様にご指導されたことは、マニアックM先生にとっていただいた
動画を拝見するたびにmini98も「なんか違うなー」と思っていたのです。
やっぱりわかる人にはわかってるんですよね。
具体的に言っていただけて、ありがたかったです。
ありがとうございました。







人気ブログランキングに参加しています
お願いします!




   


posted by mini98 at 23:28| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月24日

審判の力量

連続「相撲ネタ」失礼します。



「炎鵬VS千代大龍」



コメント欄にもありますけど、
行司さんの判断が立派。
普通なら「待った?」と思って止められる場面ですが、
そこに至るまでの両者の気持ちや、立ち合いの瞬間のところを
「読み切って」続行させたわけです。



試合者と審判の「合気」とでも言いますか。



それこそ、審判は、試合前の選手の振る舞いから見ておく必要がある。






人気ブログランキングに参加しています
お願いします!




   



posted by mini98 at 19:07| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月23日

相撲と剣道

炎鵬VS魁聖(11月場所二日目)


「国技」といわれている相撲
髷を結い、伝統的な所作事を行い、神に対して披露する。


われらが剣道も、日本の「匠の技」で作られた剣道具を身につけ、
礼儀を重んじながら・・・相撲と同じく「日本の伝統」を継承するものと
私は考えているのですが・・・。



相撲の立会と剣道の試合の決定的な違い。



それは「始まり方」です。



剣道は、主審の「始め!」の宣告によって試合が始まる。


相撲は、お互いの「合気」になったところで始まる。
その「気」をお互いに高めあうための時間が確保されている。



ここが違いますね。



よく、「主審の「始め!」じゃなくて、お互いの礼から試合は始まっているんだよ」
と生徒にも言うんですが、何だったら面をつけるところとか、試合場に入るところとか、
そこからすでに「始まっている」(いやいやもっと前から・・・どこからかは、その人次第ですかね)
ぐらいの気持ちでいないと「伝統を継承する」というものに剣道がなっていかないのではないか。



主審が「始め!」と宣告した時には、
すでにお互い「合気」になっている。
お互いの「合気」を見極めて、主審は「始め!」を宣告する。
これが「伝統を継承する」という観点からいうと理想かなと。



この連休は、
「断捨離」のためのお休みでした(笑)
いやースッキリしました!









人気ブログランキングに参加しています
お願いします!




   



posted by mini98 at 18:36| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月21日

譲り合う

先日ラジオで、車の「自動運転技術」について特集していました。


すでに高速道路では、かなりのレベルで「自動運転」が可能になっているようです。


まだまだ一般道での実用は難しいようですが。
しかし、近い将来AI技術はさらに進化して、自動運転を可能にし、
交通事故や渋滞の問題も解決に向かうんでしょうね。


ただ、AIが苦手な分野があるそうで、

それは、普段運転する人は分かるでしょうけれど、
「通行の優先順位」の問題。
自動車学校で散々やったことですが、実際そこを卒業して運転するようになると、
「これってどうなんだろう?」と思うことはたくさんあります。


そういう「優先順位」が決まっているものは、
決まっている通りに行えば良いのですが、
迷った時にどうするか。


そういう時に人間は「お先にどうぞ」と譲り合う。
そうするとスムースに流れていくのです。
これがどうもAIは苦手なようで。



人間にはできる「譲り合う」ということがAIは苦手らしい。



それを聞いて、なんだか嬉しくなってしまった私。




教習所卒業にあたって、
教官から言われたこと。

「みなさんはレーサーになるわけではない。プロになる必要もないしなれるわけもない。
しかしね、「安全運転のプロ」にはなれますよ。どうか、そこを目指して安全運転に努めてください」


どんなに時代が進んでも、
道具を扱うのは人間。
道具をどう扱うかは、扱う人間の問題。


AIに人間の仕事が奪われるかも!
などと恐れる前に、丁寧に、
やさしい気持ちで、事に取り組む。



そこを人が疎かにしたときに、
AIに仕事を奪われるのです。







人気ブログランキングに参加しています
お願いします!




   

posted by mini98 at 23:39| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月20日

間合いを取る

ソーシャルディスタンスと言いますが、
我々剣道をする者にとっては、何を今更という感じですよね。



先日のプレジデント範士の基本稽古ではないけれど、
できるだけ遠い間合いで相手の攻めを防ぎ、
自分にとっては近い間合いで勝負できるようにする。


遠くでも、近すぎてもうまくいかない。


人間形成ですので、
これを普段の人付き合いでも応用。


ベタベタせずに、
「一匹狼」を気取らない。
程よい「間合い」を保つ。




間合いを取る。




感染症対策も、人間関係も、
これが大事。





人気ブログランキングに参加しています
お願いします!




   





posted by mini98 at 23:50| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月19日

竹刀を通じて会話する

「森田とは竹刀を通じて会話したな」
柴生田先生が私に贈ってくださった言葉です。
まさに、最後の「竹刀を通して会話したな」という言葉は、
私の人生の中で最も心に染み込み続けている言葉です。
この「竹刀を通して会話したな」という言葉を、
自分の教え子と一緒に味わってみたい・・・・
その思いが剣道を続ける自分自身の一番のモチベーション
となっています。
(「時代」あの日、心に響いたあの言葉 森田智裕教士)




森田先生は熊本インハイの時の、
審判主任でありました。
審判を終えた後、会場の観客の目の届かないところで
主任からの講評をいただいたのですが、


「mini98さん、あの時のあの判定、ご自分で自信ありますか?」



・・・は、はい。あれはこれしかないと思ってそうしました。



「では大丈夫。いい判定でした。」



ありがとうございます!




こういうやりとりがあったことを覚えています。
「時代」に書いてあったプロフィールを拝見すると、
なんとmini98と同い年でした(笑)




全国大会の経験豊富な先生からそう言っていただけたことは、
自分にとって随分自信となりました。




竹刀を通じて相手と会話する。




この感覚は大事です。
「合気にならんかったね」と稽古後に感じるということは、
自分が相手と話す気がない、相手と会話をしようとしていない
ということを実は表している。




「相手と会話している」と感じられる機会は、
まだそうありません。しかし、
まずは自分の「意見」を相手に申し述べなければ、
相手の「意見」も返ってこないのは当たり前のこと。
そして、相手と「会話」しようとするのなら、
「話題」は多い方が楽しいわけで。

いつも自分の話しかしない人と話したくなくなるのは、
当たり前のことです。




楽しく、
時に厳しく、
ためになるなあという「会話」が、
剣道を通じてできたら。




人間形成以外の何ものでもないと思うのですが。








人気ブログランキングに参加しています
お願いします!




   

posted by mini98 at 22:15| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月18日

打たれることを恐れない

「打たれることを恐れない。崩れることを恐れないで稽古する。
打たれずに強くなった人はいません。打たれることで強くなる。
崩れたとしても、そこからの対応を自分で切り開いていくことを考える。
そうやって強くなっていくんです」
(プレジデント範士)



崇菱会稽古。
本日から年代別ではなく、誕生月での稽古時間区分となりました。
前半の稽古に参加。


「自分からできるだけ遠いところで相手の動きを封じる。
自分に近いところで避けようとするとかえって相手に付け込む隙を与えることになる」

という範士のお話は、範士の稽古を拝見すると、
本当にその通りに稽古されているなと納得しました。



後半の稽古は、
・・・ということで「気分はすっかり」で稽古しました(笑)



誕生月でのシャッフルということで、
マニアックM先生とも久々の稽古。
(「へたくそ剣道理論」をご覧ください!)


お銀姉さんとも久々。
バックリ面も確かにいただきました(笑)




相手の動きを、できるだけ自分から遠いところで封じる。
これを次第に遠くしていった先にあるものと、
「攻め」というものが通じるんだろうなと。





人気ブログランキングに参加しています
お願いします!




   

posted by mini98 at 23:33| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月17日

夢を生きる

技は春先、
冬は気の稽古を求めよ。


一、健康で心と身体が柔軟なこと。

一、腰を入れて仕事に全生命を打ち込めること。

一、打たれ突かれて反省の習慣を身につけること。

一、いかなる困難にも負けない強い魂を養うこと。

一、臨機応変の処置ができて、誠実勤勉な心を養うこと。

一、他人(国を含む)のために尽くして悔いのない人世の勉強をすること。

一、無欲に徹する剣道をすること。

(羽賀準一範士)


中島五郎蔵範士、中倉清範士とともに「有信館三羽鴉」と称せられた羽賀範士は、我が県、しかも県北出身。
・・・ということを知ったのは、実はそう昔ではありませんでした。



我が県学生剣道連盟の会長を退かれることとなったプレジデント範士が、
最後の会報で羽賀範士の実弟、羽賀忠利範士の「詩」を紹介されていました。



どの「詩」も、大変考えさせられる内容でした。



最後に一句。

「生も夢 死もまた夢と剣の道 求めてやまん 夢一生」
そして「お世話になりました」と一言添えてありました。

最後の一句は羽賀範士ではなくて、プレジデント範士の「詩」でしょう。
これもまた「深いなあ」と。




若い頃に比べて、できることも限られてきましたが、
若い頃には考え付かなかった思考で、ことに当たることもできるようになってきました。
「求めてやまん 夢一生」の言葉は心にしみます。







人気ブログランキングに参加しています
お願いします!




   

posted by mini98 at 23:35| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月16日

ゴールド!

本日は、仕事を早く切り上げて免許センターに行ってきました。
免許内容の変更手続きのためです。

申請書を提出し、指定された場所で待っていると、
「はい、では新しい免許証の内容を記載するための書類を配布しますので、
間違いがないかどうか確認お願いします」


・・・と渡された書類。
住所・名前・生年月日・免許内容を確認し、
ふとみると「優良・金」の文字が。



おおっ!こ、これは!



学生時代に初めて運転免許をとって、
次の年ぐらいに帰省した時、高校時代の友人たちと海水浴にいった時、粋がって調子に乗り、
「スピード違反」で捕まり(その時の証拠写真を友人にバッチリ撮影され、今も残っています(笑))


それ以来無事故・無違反で「ゴールド免許・優良運転者」の栄光を恣にしていたmini98ですが・・・
あれは確か区の剣道連盟の事務局をしていた時、車を運転している際に突然携帯電話がなり、
確か、連盟会費に関する問い合わせの電話だったと思いますが(運転中は出るべきでないですね)
話を終えて、車の横を見るとバイクに乗った警察官さんが(笑)




「今、電話してましたね」



は、はい・・・。



その後、mini98の由来にもなった車で事故を起こして、車は廃車。
完全に気持ちも免許の色も「ブルー」
ちょうど転職した頃でもあり、いろんなことが重なって、いろんなことが「ブルー」な時期でした。



それからずっと免許の色はブルー
いや、ここは「青春」だったと言っておきましょう。



今の職場に勤め始めて、次の免許書き換えで「金」だ!
という時、その時私バスケット部の顧問だったんですが、
練習試合の会場校がややこしいところにあって、
道に迷ってUターンしたところにおまわりさんが。



・・・「Uターン禁止」でした・・・


またもや「ブルー」
そこからは「超慎重」な運転を心がけていたつもりです。
正規の免許更新まではまだ間があったのですが、
新たに追加事項が生じて今回の更新となったわけなのですが、
今回久々の「金」です。




運転も、「無意識」に安全運転できるようにならないと。








人気ブログランキングに参加しています
お願いします!




   


posted by mini98 at 23:41| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月15日

「合格」の日々を生きる

普段はできていても、
審査とか試合の時は「あれ?」って思うことはあります。
緊張はしていないはずなのに、身体が思うように動かないというか。



それ、「緊張してます」(笑)




審査で「ここ、もうちょっとだったなあ」と思うところを普段の稽古でやってみると、
結構できるんですよね。もちろん相手も違うんだけどね。




気持ちと身体はつながっている。




何度も不合格だと、もう合格できないんじゃないかと、
気持ちが凹みますが、凹んだ気持ちでは次には繋がりません。
そう気持ちをつなげて、いいイメージを持ち続けて、
しっかり身体を作っていく。



そして、もし合格できたとしても、
その行動は変わらず続けていかなければ、
それは本当の意味での「合格」とはならない。




ナナダン「合格」の日々を丁寧に生きていく。
それしか次につながる道はないのです。きっと。




人気ブログランキングに参加しています
お願いします!




   

posted by mini98 at 22:47| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月14日

新人戦男子個人戦!

県新人戦最終戦。
男子個人戦。


シード選手が次々敗退という「波乱」の連続。
それだけ県内各校の力が拮抗しているということですかね。



試合を見ていて感じたのは、
「鍔迫り合い」「身体接触」から「引き技を出す」か「速やかに分かれる」
というルールをまだまだわかっていない選手もいるけれど、
それを十分に理解して「分かれ」をかけてもらうことを前提で試合をしている選手もいるということ。
そこの「見極め」をしっかり審判員がしていかないといけない。


同じ試合会場だった、同級生のミキティーとも話したのですが、
今回高体連から出された「共通認識」によって、剣道が良い方向に向かう・・・
と思っていたけれど、それを逆手にとって利用する向きも必ず出てくるという
「匂い」が感じられました。



もちろん大多数の生徒は頑張ってくれてたんですがね。



「コロナ」は、
剣道を良くするのか、堕落させるのか。
こういう言い方をすると全部「コロナ」のせいに聞こえますが、
選手、監督、審判、観客・・・
剣道に取り組むすべての人が考えなければいけないことですよね。









人気ブログランキングに参加しています
お願いします!




   




posted by mini98 at 23:33| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月13日

居着く

「居着く」ことは剣道においては御法度である。


だいたい、「こうしなければ」「こうでなければ」
という考えに支配されているときにそうなりがちです。
「構えを崩してはいけない」と考えて、かえって隙ができてしまう。
みたいな。



剣道は人間形成の道であるということは、
普段の生活においても「居着く」ことは避けることが大事。



では「居着く」とはどういう状態か。
そこを考えてみる。



結局、「我を通す」ということではないかと。
「俺が俺が」「なんで俺の思い通りにならないんだ」という状態が
「居着く」ということではないか。

つまり、臨機応変に行動できない、変化できない状態。




「無意識」
「瞬間善処」の真反対。




どんな相手にも、適度に変化しながらも
正しい対応をしていく。
そうだ、「無意識の対応」は普段の生活でも
心がけるべきなのだ。






人気ブログランキングに参加しています
お願いします!




   

posted by mini98 at 23:31| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月12日

不合格にも意味がある

何かの試験・審査に不合格。
その理由は単純明確です。



「合格する力がないから」



それだけです。
今考えると「落ちて当然」
力のないまま合格でもしていたらと思うと、
恐ろしい。


例えば、何を隠そうmini98、
車の免許検定は2回不合格(笑)
何かの間違いで、一発合格していたら、
調子に乗って、今頃はこの世にいなかったかもしれません。



だから、ある意味不合格であったことに意味があったのです。



例えば何を隠そうmini98,
八段審査4回不合格。
何かの間違いで・・・は絶対にない(笑)




不合格であることには、きっと意味があるのです。



もちろん、その日の調子や、相手にもよるかもしれませんが、
それは理由にはならない。そこを乗り越えられるだけの「力」が必要。




「なんとなく」やらない。
課題を持って取り組む。



私の場合、メンタル的な課題もあり(笑)





人気ブログランキングに参加しています
お願いします!




   

posted by mini98 at 23:09| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月11日

打つ前の「仕事」

崇菱会稽古。


プレジデント範士による基本稽古。
「攻め合いから、「ここ」と思った時点から、目をつむって打つ」という稽古。
マニアックM先生によれば、範士の「定番」の稽古法だそうですが、mini98は
初体験でした。


目を閉じて打つ。
範士も言われていましたが、
見て打つよりも手応えを感じる人が少なからずいるということ。
それだけ目から入ってくる情報は、我々に「恐れ・迷い」を与えている。

それ(視覚情報)を遮断して打つのは、
最初とっても怖いんですが、
今までにない感覚を得ることができます。


それと、
打ちを出す前に一つ「仕事」をしてから打つということ。
それを意識するだけで、相手と「合気になる」感じや、
稽古の「展開」を自分から進めていく感覚を掴むことができる。
それを繰り返して「無意識」に技が出るまで繰り返していく。
確かにうまくいかないこともあるが、まずは「意識」して試みること。

そうして稽古してみて感じるのは、自分の思い通りにはいかないということ。
そういう「想定外」のことが起こった場合への対応も大事。


稽古後の範士のお話も含めて、
そんな感じの稽古だったように思います。


私の稽古は・・・
基本稽古でプレジデント範士が言われたことを試しながら・・・ということを
「意識」しすぎて空回りでしたかね。でも、稽古していて、打っても打たれても
「楽しいな」とは感じました。より剣道の「自分の思い通りにはならない」「奥深さ」を
感じることができました。


来週からは稽古の形態が変わります。
楽しみです!





人気ブログランキングに参加しています
お願いします!




   



posted by mini98 at 23:16| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月09日

瞑想と機

ある日の稽古終わり。

「今日の稽古は『合気』になれんかったね」

・・・と、
その日に稽古した方に言っておられる人が今いました。


たまたま隣でその話を聞いていたmini98。
「ドキッ」としましたね。



「瞑想」と「機」は、まったく次元の違う事象のようだが。
身体技術としては同じ一つのことの裏表である。
「今・ここ・私」という自我への繋縛から自己解放することなしに、
他者との「卒啄同時」的な身体的同機は果たし得ない。
(『修行論』内田樹)




瞑想は、周りの空気と自分とが、一体化することを感じるための作業。
周りが自分に合わせるのでも、自分が周りに合わせるのでもない。

「機」も、自分から求めるというよりも、
向こうからやってくるような、それを「感じる」自分の感性が
問題なのではないかという気が今はしています。



相手と合気になるということを、
私も同じように考えていたけれど、
「相手が合気にならない」のか、
「自分がなろうとしていない」のか、
そういう「相手のことを思いやる」気持ちは自分には無かったなあと、
改めて考えた次第です。


「剣道は人間形成の道である」という理念の意味を、
考え続けていくことは大事だと思います。





人気ブログランキングに参加しています
お願いします!




   

posted by mini98 at 22:37| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月07日

女子個人戦

県新人戦女子個人戦。
新人戦3週目。


試合を見ていて感じたのは、
「選手が『分かれ』がかかるのを待っている」感じが見受けられるようになったことです。
身体接触があって、そこから本来は選手が自主的に分かれるべきところで、
分かれる格好はするけれども分かれようとしない。


「分かれ!」か
「やめ!」で、どちらかに反則をとるべきか。


逆に「正しい鍔競合い」の状態は、
見ることができなくなりました。


これが今後のスタンダードになっていくとすれば、
試合がどういう方向に向かっていけばいいのか、
審判員としては考えなくてはいけないなあと。


決勝戦、
熱戦でした。
お互いに正々堂々とした試合ぶりだったと。



来週は男子個人戦です!







人気ブログランキングに参加しています
お願いします!




   

posted by mini98 at 23:54| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月06日

剣道女子

崇菱会の女子メンバーも「美人」が多いですけど、
女子剣道の「華やかさ」とか、そういう世界には圧倒されますよね。
この番組を見て、私も剣道をしたいと思ってくれる人がいれば、
それはそれでいいことかなと思っているんですが。
いい番組をみたな、得したなと思っているんです。
(by プレジデント範士)



先日の稽古時に範士が猛烈に推薦されていた「剣道女子」
「日本」で特集されていた記事は拝見したことはあるのですが、
テレビで、映像で流れているとは思っていませんでした。


「剣道女子@」
「剣道女子A」


ずっと番組を見ていた範士に対して
奥さんが「お父さん、何時までこれあるん?」と聞かれたくらい
集中してみていたという範士のお話を聞いてちょっと「クスッ」としたのですが(笑)



女子剣道の普及については、
岡村先生と湯野先生が議論された話が、
「百歳までの剣道」に掲載されています。





「剣道文化が女子にわかるわけがない」と言う湯野範士に、
猛然と抗議された岡村先生。その論争が湯野範士との「最後の論争」だったと話されています。



教員生活のうち、女子校勤務がほとんどのmini98。
共学校も経験しましたが、やはり女子教育の大事さというか、
男性中心の社会の中で、女性がどう生き抜いていくかを考えさせる機会は、
大事だなと実感しています。
剣道なんて「男性中心社会」の典型ではないかと。
その中で「剣道に取り組む女性」について取り上げられるのは、
大変いいいことだと感じます。




女子が剣道を生涯続けられる。




これこそ「世界平和」に通じることだと。
現在、自分の足元でそれができないことは大変心苦しいことですが、
それでも毎日彼女たちに「思い」を伝えることはできるのではないか。




剣道は、いいものですよね。







人気ブログランキングに参加しています
お願いします!




   



posted by mini98 at 23:46| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする