2020年04月03日

善導するとは

審判は試合を善導する。


と言いますが、
「善導する」とはどういうことか。
善導する=良い方向に導くということですから、
審判自身が「剣道の良い状態」というものを熟知している必要がある。






「試合を捌く」とはこういうことだと思うし、
その上で「試合を裁く」のが剣道の審判と言えるのではないでしょうか。


正しい議論は守られるべきだし、
間違っていると思った時にはキチンと指摘、指導する。
そう考えると、議長=審判の責任は大きいのです。



それにしても、
さすがに「議会」発祥の国ですね。
議長の議会の「捌き」がすごいです。
どこやらの国の議会の「ヤジ」のうるささや、

「議論番組」での、話しているのをさえぎって自分の意見を言おうとする人々に、
見習ってもらいたい。




人気ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!




   




posted by mini98 at 18:18| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする