2020年03月21日

無駄打ちをなくす




お話を聞いていて思うのは、
「覚悟する」ということの大事さですね。


非常に厳しい言葉ですが、
大変大事なことだと思います。




「有効打突以外の打ちは、全て無駄打ち」
「一本でも無駄打ちを減らそうとする姿勢が大事」
「打たれてもいいから、攻撃の剣道をやってほしい」
「打ちが小さい、軽い」
「(誤審が多くて)審判の稽古が落ちてる。選手の姿勢も崩れている」




ああ、なんと耳の痛い(笑)




先日、プレジデント範士からの「耳の痛い話」をお聞きしたばかりですが、
さらに、さらに。




自分自身の剣道観を研ぎ澄ますこと、
指導観を確立させていくこと。




何があっても、どんな状況でも、
「稽古」はできると信じて。
これからさらにmini98の剣道は地下に潜ったかたちになると思うのですが、
そこはブレずに行きたいと思っています。





人気ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!




   


posted by mini98 at 21:59| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする