2020年03月07日

一人稽古




本日はお休みをいただき、
天気もあまりよろしくなかったし、
例のニュースのこともあったので、基本的に家で過ごしていました。
テレビで「練り込み」という焼きものについてやっていました。





単純に、やってみたい!(笑)





さて。
「素振り」というのは「稽古」であって「準備運動」ではない。
武道というのは、「形」を大事にしますが、そこに「理にかなった動き」が実は凝縮されている。

そういうことがあるから、
プレジデント範士は「素振りのように面を打つ」という方法で基本稽古をやられているんでしょうね。

地域指導者講習会でのM範士の基本稽古でも、素振りに時間を割かれていて、
「右の力を抜く」ことを強調されていました。



幅30センチの板の上で素振りができるかといえば、
ほぼ全員の剣道家は「できる」と答えられるでしょう。


しかし、高さ10メートルのところにかけてある、同じ幅の板の上ならばどうか。



状況が変わっても、同じようにできるか。




対人での稽古が難しい今だからこそ、
「一人稽古」するべきなんでしょうね。






人気ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!




   


posted by mini98 at 21:49| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする