2020年03月31日

君は薔薇より美しい



布施明、当時31歳




布施明、当時70歳



衰えない。
どころか、まさに「円熟」
「芸事」とはこうあるべき、と思うのです。



ここに「周囲の目には見えない努力」を感じるわけです。






ASKA「君は薔薇より美しい」
(最近剣道を再開されたそうです)



同じ歌を歌っても微妙に違う。
「匂い」の違いとでも言いましょうか。





「衰えない」というか「ありあわせの精一杯」
それでも「匂わせる」ような剣づかい。






さて、明日から新学期です。
「いくぞ」でなく「さあこい」の気持ちで。







人気ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!




   

posted by mini98 at 23:32| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月30日

日本の剣道は滅びた?







武道専門学校の内藤先生が「昭和天覧試合」に「高段者の『勝負』をとることはよくない」と強行に反対されたという話を聞いたことがあります。
「勅命ですぞ」という言葉に、先生も渋々認められたということですが、




「これで日本の剣道は滅びた」と嘆かれていたようです。



それはまだ可愛い方で、
中学・高校全国王者と70歳超えの八段を闘わせて、
剣道の優劣をつけようとするこの企画に無理がある(と思う)



初太刀の刷り上げ胴で、力の差は明白。



ということを、剣道をやっていない人に説明できるか。




中根君も、試合してる気ではなかったと思うんですが(笑)
いや、むしろもっと掛かっていかんかい!と思うmini98であります。



いい「稽古」でしたね。



「いい剣道だよ。強い人と稽古してください」
林先生の言葉が重いですね。




もどかしいですね。
剣道の良さって、どうしたら剣道をやったことのない人に伝わるんだろうか。







人気ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!




   

posted by mini98 at 18:04| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月29日

「要請」だからこそ


県立広島大学の学生が感染し卒業式に参加


他県では、大学から自粛要請されている海外渡航を、教授が大学側に隠して渡航し、
自身が感染して、そのため卒業式が中止になった大学もありましたが・・・
若者ばかりを責められませんが・・・さすがにこのニュースには、



「おいおい」と突っ込みたくなりました。



自粛「要請」


要請はあくまで「強めのお願い」なので、それに強制力はありません。
それをどうするかはそれぞれの判断に任されています。



合わせて、mini98がいやだなと思っているのが、
「要請では基準が曖昧であるから、行政機関の方で『禁止』『強制』してほしい」という声をチラチラ聞くことです。



自分では判断しかねるから、どうぞ決めてください。
私はそれに従います。



本当にそれでいいんでしょうか。




「要請」の段階の今だからこそ、
我々の判断力が問われている。




今、私たちがやるべきことはなんなのか。









人気ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!




   


posted by mini98 at 23:34| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月28日

成熟するということ

「幼児は「大人である」ということかを知らないから幼児なのであり、大人は「大人になった」後に、
「大人になる」とはこういうことだったのかと事後的・回顧的に気づいたから大人なのである。
成熟した後にしか、自分がたどってきた行程がどんな意味を持つものなのかはわからない。
それが成熟という力動的なプロセスの仕掛けである。」
(『修業論』内田樹)



剣道も一緒だと思うんですよね。




僕の前に道はない
僕の後ろに道は出来る
ああ、自然よ
父よ
僕を一人立ちにさせた広大な父よ
僕から目を離さないで守る事をせよ
常に父の気魄を僕に充たせよ
この遠い道程のため
この遠い道程のため
(高村光太郎)




まだ私は、
道程の半ばにある。
ああ自然よ
剣道よ
僕を一人立ちにさせた広大な剣道よ
僕から目を離さないで守りことをせよ



常に剣の気魄を僕に充たせよ



この遠い道程のため
この遠い道程のため





人気ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!




   




posted by mini98 at 23:52| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月27日

「力む」ということ

「武田鉄矢 今朝の三枚おろし」


通勤時に毎朝拝聴しています。
「力み(りきみ)」についての考察。



「教えたがる」ことが力みに通じる。
なるほど。「教える」ことを生業としている身にとっては、耳の痛い話ではありますが、
「教えることは教えられることでもある」ということは、身をもって感じられる立場にいることも、
自覚しているわけです。



バタバタの3月も後半に入りましたが、
4月からの動きも視野に入ってきました。
明日は、休業日ではありますが緊急の会議が入りました。



自分自身、いろんな決断をしなければならない立場でもあることは理解しています。
様々な意見のある中で、最適の解を見出すことは簡単なことではない。




何を第一に考えなければならないのか。
そこを見誤らないようにすることが大事である。










人気ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!




   

posted by mini98 at 23:45| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月26日

自動車ショー?

mini98よりもすこーし年上の先生と雑談。


「mini98さんは、コ○ナと聞いて何を思い出す?」



そうっすねー。
石油ヒーターですかね〜
・・・と、あえて(笑)



「そうか〜。ワシはね〜もうこれしか浮かばんのんよ」







・・・などとおっさんの会話で、
周りの若者をしらけさせているわけです。




状況の見えない中、
こうでもせんとやってられない(笑)



人気ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!




   

posted by mini98 at 23:54| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月25日

無事之名馬

例えば。


台風の接近が危ぶまれていて、
何かのイベントを中止したとして、
実際は被害もなく、天気もそう荒れずにやり過ごせた時。


「なんだ、これだったら(イベント)できたじゃん」


と思う人もいるかも知れない。
何日も、何ヶ月も前からそのイベントを楽しみにしていた人にとっては、
悔しい思いもあるかも知れない。
そのイベントに関わった業者さんは、利益が出ず損害を被るかも知れない。



でもそれは、
何事もなかったからこそ言える事で。




甘い見通しで、
「そんなことを言っていたら、何もできない」とばかりに、
「決断力を発揮した」と勘違いして、
そのイベントを決行して、被害者が出たときには、
そのイベントの責任者が「責任を取る」なんて軽々しく言えないと思うのである。




「待ち」「見る」ことは、剣道では命取りである。


が、


「攻める」ことは先に行動を起こすことではない。「さあこい!」とフルスロットルのサイドブレーキで。
こういうことは、先に出た方が負けなのである。





人気ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!




   

posted by mini98 at 23:15| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月24日

まっ、いいか。

4月、5月開催行事の中止について




政府が示した今回の判断
「主催者がリスクを判断して慎重な対応が求められるとの見解が示されたことから、
今後は、主催者がこれを踏まえた判断を行う場合には、感染対策のあり方の例も参考にしてください。
引き続き、感染拡大の防止に十分留意してください」(内閣官房HPより)



それを受けての全剣連の判断なんでしょうね。
それは、妥当な判断だと思います。支持します。
我が県の伝統行事「フラワーフェスティバル」の中止よりもインパクトありました(笑)



いろいろ思うことはありますが、
ここでは言わない事にします。




さて。




全剣連としては、審査は「延期」という事ですが、
mini98としては今回はすっぱり見送ろうと思います。
延期といっても、6月?7月?この状況を考えたら、1ヶ月や2ヶ月で状況が好転するとは思えません。
半年か年単位の感覚でいないとダメだと思います。



だったらあっさり次の11月武道館、あるいは来年5月に向けて始動したい。



「延期」なんてまどろっこしい(笑)



瞬間善処。
「道場は楽屋、道場の外が舞台」



まさに今こそが武士としての真価が問われるところですよ。








人気ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!




   

posted by mini98 at 21:37| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月23日

受け止める力

公立学校の教職員人事異動の新聞発表がありました。
私立の我が校からも、若手講師の先生方の中には公立に移る先生方がいらっしゃいます。




3年間ソームで頑張ってくれた先生。
まあ、こういっちゃなんですが、最初はなんもできん。
言わないと動かない、言っても間違った動きをする。
「なんでこれがいけないんですか」と意見してくる(笑)



どんだけこれまで「何をやっとるんや!」と怒鳴ってきたか。
いや、ほとんど〇〇ハラ・・・と言われても仕方なかったカモ。
(〇〇の中に「セ」と「ク」は入りませんよ(笑))



本日は4月からの新入生の「入学説明会」
(ただし、かなり規模縮小しての開催となりました)



mini98が登校してみると、
もうすでに会場の窓は開けられており、換気がなされ。
ソーム部員全体で動くべき当日準備の前段階は全て終わっていました。



これ、全てその彼の仕業です。
mini98が指示した訳ではなく、自分でこれまでの動きから考えてやってくれたんですね。
全部点検して回って「ダメ出し」しようと思ったのですが(笑)
完璧な準備でした。




その彼も、4月からは公立校の教員に採用される事になり、
一緒に働くことはできません。
でも、本当に成長してくれたなと感じた瞬間でした。




その彼が一言。
「mini98さん、もう明日から自分は登校しないので・・・これまでありがとうございました。
これまで面と向かって「ここができていない」と言われて注意されたことがなかったので・・・でも、
おかげで「仕事する」ってどういうことかわかった気がします。感謝してます。」



先生、ごめんね。
厳しく言いすぎたかも知れんけど、でも今日の準備は完璧だった。
ワシのことをちゃんと受け止めてくれた先生に対して逆に「ありがとう」と言いたいよ。




いやー
何だかね。若手を育ててるんだけれど、
成長した選手を他球団にどんどん引き抜かれているわが赤球団みたいな気分です(笑)




でも、新しい学校でもきっと頑張ってくれることは間違いない。
我が校にとっては大きな損失ですが、県全体から見れば未来は明るいですよね。
もうね、どこに出しても恥ずかしくない(笑)



注意をすることは簡単だけれど、
その注意を受け止められる人かどうかを見極める必要がある。
でもそれが正しかったか間違っていたかは後からわかる。


彼には受け止める力があった。



果たして、mini98の言葉が正しかったのか?
すごく嬉しかったけれど、一方で身の引き締まる思いもしました。





Y先生、頑張ってね!





人気ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!




   



posted by mini98 at 23:27| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月22日

くちびるに歌を




今朝のA新聞に「椿の力で離島を変える」という題で、五島の椿プロジェクトについての特集がされていました。
崇菱会稽古で、プレジデント範士が竹刀の手入れについて言及された際、
「五島の椿油」について、竹刀の保湿に最適である(キッパリ)と紹介されたことと、
この映画、アンジェラ・アキさんの歌、
BB先生の本に紹介されていた、五島の雄大な風景・・・一気に頭の中を駆け巡りました。



「拝啓〜50過ぎの君へ〜」


教員になりたいと考えたのは、
高校時代です。
教員になりたいというよりは、
剣道部の顧問になりたい、と言ったほうが近いでしょうか。



今思うと「軽い」気持ちだったと思います。


でも、なんとなくでも、そのことはずっと頭にあったのです。
去年の夏、ターヒロ先生とインターハイに向かう車中で、
剣道部顧問としての自分の甘さを突きつけられて、
それでもやっぱり、これまで細々とでも剣道に関わってこられたことの大事さを痛感して。



ここ数日、仕事も何も身に入りません。



「負けそうで 泣きそうで 消えてしまそうな僕は
誰の言葉を信じ歩けばいいの?
一つしかないこの胸が 何度もバラバラに割れて
苦しい中で今を生きている 今を生きている」




でも、だからこそあらためて思ったのは、
「自分は剣道が好きだったんだ」ということです。



かつて、迷いもあったけれど、教職を退いた時、
hirotaiさんの勧めもあって、タイダイ寒稽古に参加しました。
(スパイス先生との初稽古もそこでしたね)

そこで、サク先生の「おおらかさ」「暖かさ」「厳しさ」に触れて、
自分自身、なんとか持ちこたえることができたのだと思います。
教職に復帰するきっかけといいますか。



「大人の僕も傷ついて眠れない日はあるけれど
苦くて甘い今を生きている」



今、こういう情勢で、旅行するなんて控えなければいけないのですが、
「五島の雄大な景色をこの目で見てみたい」と強く思っています。





いつか、必ず。





人気ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!




   

posted by mini98 at 22:49| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月21日

無駄打ちをなくす




お話を聞いていて思うのは、
「覚悟する」ということの大事さですね。


非常に厳しい言葉ですが、
大変大事なことだと思います。




「有効打突以外の打ちは、全て無駄打ち」
「一本でも無駄打ちを減らそうとする姿勢が大事」
「打たれてもいいから、攻撃の剣道をやってほしい」
「打ちが小さい、軽い」
「(誤審が多くて)審判の稽古が落ちてる。選手の姿勢も崩れている」




ああ、なんと耳の痛い(笑)




先日、プレジデント範士からの「耳の痛い話」をお聞きしたばかりですが、
さらに、さらに。




自分自身の剣道観を研ぎ澄ますこと、
指導観を確立させていくこと。




何があっても、どんな状況でも、
「稽古」はできると信じて。
これからさらにmini98の剣道は地下に潜ったかたちになると思うのですが、
そこはブレずに行きたいと思っています。





人気ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!




   


posted by mini98 at 21:59| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月20日

捨身の面

森島先生とmini98は、なんのご縁もありませんが(笑)
直心でもたびたびご紹介してきたこの動画。



これまで、お相手の奥山先生の「巻き上げ」に注目していたのですが・・・
あらためて拝見すると、現在の試合・審判運営要領や、規則にはありませんが「片膝ついて」の所作ごととか、
何だかそういうことにとらわれない「おおらかな感じ」が伝わってきます。

奥山先生の「捨身」の面も素晴らしい。



さらにさらに










森島先生の「捨身の面」もグッときます。
まさに身を捨てての面ですね。




この気持ちを持って事に当たりたい。
すっかり萎えてしまった気持ちを奮い立たせてくれる動画でした。




負けてたまるか。





人気ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!




   

posted by mini98 at 18:47| Comment(3) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月19日

歳の取り方は大事です




教士は、剣理に熟達し、識見優秀なる者
範士は、剣理に通暁、成熟し、識見卓越、かつ、人格徳操高潔なる者
(称号・段級位審査規則)



いちおう、こういうことになっています。
(「いちおう」と言うのは失礼かもしれませんが)
この差はなんなのか。


そこは追求しません。
しませんよ。



が、この映像をみる限り、
剣理に「熟達」と「通暁」の差があると思うんですよね。
奥園範士の攻めがすごい。たまらず中村教士が引き出されたところの胴は絶妙です。





そこに「差」はやっぱり感じる。




後半の「識見優秀なる者」と「人格徳操高潔なる者」の差は、
はっきり言って感じません。それは、その人による。
そして、それを人が判断すること自体に無理があるのです。
修行年数を重ねたから、人格が高まるとは限らない。




思うに「歳の取り方」は大事です。




例えば、プレジデント範士を例にとると(範士、ごめんなさい)
様々な教え子たちの話を総合して判断するに、若きプレジデント範士は、
かなり「怖い」存在で(笑)今のルールに照らし合わせると色々やらかしてらっしゃる(笑笑)
でも、教え子たちのハートをいまだにグッと掴んでいるのは、


剣道も強いけれど、
そこだけではない指導者としての「魅力」と言いますか。
それがあるからでしょうね。




なんで今日、こんな話をするかというと、
自分なりに頑張ろうと思っていたものを、他人によっていきなり目の前から奪われたからです。




でも、そんな人ばかりじゃない。
そう思いたい。と思っているときに真っ先に浮かんだのが、
mini98が前職を退いた時に「大丈夫か?」と真っ先に連絡してくださったプレジデント範士の優しさだったのです。




だから私は、
最後まで「人の優しさ」を信じたい。
何があっても。




人の心を動かすのはそこだと信じたい。





人気ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!




   


posted by mini98 at 17:51| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月18日

今だからこそ

昨年のことですが、車を買い換えました。
普通車から軽自動車となり(最近の軽は高価なのにビックリ)
車のサイズは小さくなったのですが、

これまでなかった装備、
「カーナビ」なるものをつけ「バックカメラ」が搭載された訳です。
もうビックリですね(笑)
駐車場に入れるとき、モニターで後ろが見えるんです(当たり前)
もうね、夢中でモニターを見て、駐車した訳です。


不思議と。


車が真っ直ぐ枠内に入らない。
入れ慣れた駐車場なので、前の車(バックカメラなし)ならば一発で入れられていたところを、
2〜3度やり直すことが多くなりました。


一度そうなると、感覚が狂ってしまって、
車を買い替えて半年になりますが、最近やっと真っ直ぐ駐車場に一発で入るようになりました。
それはなぜか。




「モニターを見なくなったから」です。
あるとき気づいたのです。モニターに頼らず、これまでの感覚で入れた方がうまくいく。




便利になったことが、
感覚を鈍らせることもある。




逆に言えば、
不便な状況の中で、
感覚を高められることもあるのではないか。





この状況だからこその、
何か得られるものがあるはずです。




求める気持ちのあるかぎり。









人気ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!




   

posted by mini98 at 22:47| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月16日

「やねこい」

突然ですが「広島弁クイズ」(ネット記事です。一部変えています)
(他県の方々もチャレンジしてみてください)


1、「わりゃ」の意味は?

@やばい
A我
B割れた



2、「かばち」の意味は?

@言い訳
Aカバ
Bカワイイ



3、「すいばり」の意味は?

@木のとげ
A酸っぱい
Bおっぱい



「パープー」の意味は?

@救急車
Aアホ
Bラッパ



4、「いらう」の意味は?


@要らん
A言う
Bさわる



5、「たう」の意味は?

@届く
A叩く
B鯛




6、「やねこい」の意味は?


@ネバネバする
A面倒な
B屋根が雨漏り




7、「めぐ」の意味は?


@壊す
A見つめる
Bめぼ



さあどうでしょう?

県民の皆さんには簡単だったかもしれませんが・・・
他県の皆さんには「?」ですよね(笑)


ただ、私がツマ(刺身の横でないほう)と議論したのは、
6の「やねこい」です。


彼女は「苦しい」とか「しんどい」意味と思ってきたと言うのですが、
mini98は、何だかそれだけじゃあなく、「めんどくさい」とかそう言う意味でも使ってきたので・・・
「この人、やねこいわー」みたいな。


同じ県民でもビミョーなんですよね。
まあ、それを彼女に言うと、





「ああ、あなたは田舎者だから」(キッパリ)





の一言でバッサリなんですが(笑)
(それ、違うと思うんですけど・・・でも言えない)



県民の方々!意見をお願いします!
田舎者の意地を見せましょう!(笑)





人気ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!




   








正解

1、A
2、@
3、@
4、B
5、@
6、A
7、@


さあ、どうでしたか?
posted by mini98 at 21:18| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月15日

耳の痛い話

県学剣連理事会。
本来ならば、中国新人大会の閉会式後に行われる会議ですが、
今回は大会が中止となったため、会場を変えて開催。
久しぶりに職場外の人々と出会う。
何だかホッとする。



会議前、しばし今回のことの各校対策について「意見交換」



さて、会議の詳細については省略しますが、
「世代交代」ということですね。
そこで、プレジデント範士がおっしゃったことは、
我々にとっては大変耳の痛いお話ではあったけれども、
これまでずっと問題とされてきたことであったし、大事なお話でした。



県剣道連盟主催の行事に教員の参加が少ない。
もちろん、学校が休みの時は稽古や遠征と重なって参加しにくいことは、
自分の経験上理解できる。しかしね、そこはやっぱり「どうにかしよう」という意識の問題もあるのではないか。
現在の自分の立場上、そこを県剣連の役員から突かれると答えに詰まる部分も確かにある。
特に若手の参加を促してほしい。
さらに、中学から高校へのところで、県外に進路をとる生徒の問題。
それは、生徒と保護者の決定することだから、仕方ないことでもあるが、
一方で「県内の高校指導者の指導に魅力がないのではないか」という視点でも
このことを考えてみる必要もある。

等々。




なぜ範士がそう言われるのかというと、
もちろんこれからの県剣道の発展を思ってからこそでありますし、
我々後輩に対して「しっかやれ!」という意味であることは間違いない。




あの場にいた誰もが強くそれは感じたのではないかと思います。
会議後、ターヒロ先生としばし。





ウイルス問題ももちろんであるが、
課題は山積みなのである。








人気ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!




   

posted by mini98 at 23:54| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月14日

そういうことではない

「鍛える」という発想そのものが、
「弱さ」を構造化する。私はそのように考えている。
もちろん、鍛えていれば、その範囲では筋力は強化され、
決められた運動は早くなる。また同じ運動を繰り返しているうちに、
人によっては、できるだけ身体への負担を減らして効果を高めるためのより合理的な
身体の使い方を工夫するようになる可能性もあるだろう。

ただし、その場合でも、
稽古指導者が、その稽古の目的は「鍛える」ことではなく、
「より合理的な体の使い方を工夫させること」であると理解していなければ。

「手抜きをするな」とか「言われたのと違うことをするな」と言った誤った指導によって、
せっかくのバージョンアップの機会を逸することもある。
(『修業論』内田樹)






素振りしても、
走っても、
「鍛え」きれない部分がある。


しかし、「鍛え」なければそこの部分を表現しきれないこともわかっている。



アベちゃんは、
「お外に出て、運動してもいいかも」と言ったけど、
「でも、閉鎖された空間で、近くで向かいあってお話したりすることはやめようね」とも言った。



アベちゃん。
それじゃあ「鍛え」られんところがあるんよ(笑)




いろんな意味で、
「緊急事態」であることに変わりはない。





人気ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!




   

posted by mini98 at 23:55| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月13日

爪跡を残す

本当にこの人たちは、
今のこの状況を把握して、正しい判断ができているんだろうか。
世の中の動きに「逆行」していることにここまで気づかない?
そのリスクを上回るような何かあるんですか?



まったくmini98には理解できません。



近い将来、絶対に天罰がくだると思っています。
本当に笑い事ではない。




失望しました。




これ以上多くは語らないけれど、
まったく議論しようとせず、大事な物事を決定してしまうやり方って、
許されないと思うのです。
そういう組織に「未来」はないのです。







ふー(落ち着け落ち着け)







せめて「爪跡」は残してやる。
絶対に。







人気ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!




   

posted by mini98 at 20:39| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月12日

感謝を忘れてはいけません

最近気づくのは、
平日の朝の渋滞が、いくらか和らいだなあということと、
渋滞中車を止めたときに、小学生、中学生?高校生かな?という3〜4人のグループが、
朝ランニングしている様子が目につくようになったこと。



それは、なごやかな風景だけれども、
そろそろ児童・生徒たちは「限界」なのかなとも感じる。




職場に着いて、
本来なら授業、生徒たちに「おはよう」と声をかけ、
「おはようございます!」と返してくれる笑顔に癒されたり、
なーんも反応しない生意気な娘っ子にイラッとしたり(笑)
そういう「日常」が急になくなってしまって、


mini98としても「限界」が近いと感じています。
生徒あっての教員なんだなあ。



午前中、ターヒロ先生に連絡。
地区大会、県大会、中国大会の見通しについて聞く。
なかなかに厳しい状態。
ここは「生徒ファースト」でこれからも考えたい。



さて。


最近はずっと、
来週に控えた「中学卒業式」と、「新入生入学説明会」の準備・・・
なんですが、例年行っていることが実施できない点が多すぎて、
その変更点についてソーム部会に提案し、管理職の許可を得て、教職員に周知する作業を繰り返しています。
パソコンと、書類とにらめっこの日々。

本日は、どうしても新入生のご家庭に連絡しなければならないことがあり、
書面で連絡つかないご家庭にお電話をずっとかけておりました。



〇〇について、先日ご連絡したことと変更がありまして・・・
ご迷惑おかけするんですが〇〇に変更していただけませんか?
・・・と保護者の方にお電話したのですが、多くの保護者の方から


「わざわざご連絡ありがとうございます。その点について不安に思っていたのですが安心しました。
入学できること楽しみにしています!ありがとうございました」



そう言っていただき・・・
お電話しながら何だかこちらが幸せな気分になれました。




やっぱり、「人と繋がってなんぼ」の仕事なんやなと。
あらためて感じた次第です。



我が校の「校訓」の中にある、
まさに「感謝」を感じた瞬間でありました。




もう少し頑張れそうです!




人気ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!




   

posted by mini98 at 23:51| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月11日

3月11日

2011年3月11日。

9年前のこの日、mini98は前任校の進路指導室でテレビの報道を見ていました。
まるで特撮映画のようなその風景を前に、なにが起きているのか簡単には理解できていない、
そんな状態だったことが思い出されます。


この年の4月からmini98は現在の職場に移りましたので、
そんなこともあってこの時のことは心に刻まれています。



不謹慎かもしれませんが、あえて。








今回のウイルス騒動についてもそうですが、
自然災害が起きるのは誰も責められない。
ですが、そこに対峙する政治家によって事が左右されてはたまらない。




「道場は楽屋、実生活は本舞台」




武道的思考が今こそ大事なのです。




本日は、野暮用でN校長に連絡する機会があり、
「あ、いい機会だからついでに言っておくけれど」と伺ったお話は、
まさに校長先生としての「危機管理能力」についてのお話であり。
大変感服いたしました。





まさに今こそ「武人」としての真価が問われているのかもしれません。







人気ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!




   

posted by mini98 at 19:04| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする