2020年02月16日

技の継承2

本日、ソームのお仕事。入学説明会でありました。
休日の出勤時の職員室というのは、何だか普段にはない「和やかさ」があります。
それでも新入生をお迎えする緊張感を持ってお仕事。


この子たちが、4月から我が校の一員になるんだなあと。
精一杯の「おもてなし」をしたつもりです。



さて、「技の継承」のお話の続き。







エド先生の動きがハンパない。カワゾエ先生の上段も素晴らしい。
今では見られない動きですね。


審判も大森範士、杉江範士、松崎範士という豪華メンバー。
審判の動きも「二等辺三角形を崩さぬように・・・」とかではなく、
ゆったりと、しかも確実に「見える位置」に移動されていますね。



試合者としても、審判員としても。
何を継承していくか。



まずは「やってみる」ことですかね。




人気ブログランキングに参加しています
クリックお願いします!


   


posted by mini98 at 18:37| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする