2018年07月31日

安芸路終了しました!

全国高校剣道フェスティバル安芸路剣道錬成大会も31回目をむかえました。
玉龍旗後に各県が、我が県に立ち寄っていただいて・・・錬成会を。
その事で我が県の剣道のレベルがアップすれば・・・という趣旨で始められたこの大会。(と聞いています)


mini98は生徒の引率がなかったので、
今回は各学校の先生方の試合後の生徒に対するアドバイスを「盗ませて」いただきました。
もちろん、今回の試合の状態だけではない、普段の生徒たちの様子をご存知の上でのお話なので・・・
「たぶん、この子はふだんこうなのだろうなあ・・・」なんて想像しながら盗み聞きしていました(笑)


いやいや、
これは本来ならば、mini98の若い頃にしておくべきこと。
それをいまやってることにまずへこむ。
が、やらずに人生終わるのと、遅ればせながらでも今それが聞けて勉強できることは絶対大きく違う。


そういう経験を今させてもらってるかなと思っている。


その気分のままヒロダイ稽古。


マニアックM先生によれば、プレジデント範士は、
ZKでしかもHGらしく、明日からはKTのためOKらしい。


え?お前は例の竹下元総理の孫かって?(笑)


マニアの皆さん解読してみてください(笑)


という事で、学生さんとの稽古。


特に思ったのが、シーさんとの稽古。
駆け引きは抜群だが、中心を割っての技が×
相面にこい!まずはここに誘う・・・が、乗ってこん(笑)
後半、やっと乗ってきてくれて、相面勝負・・・にならん。
全部脇から竹刀が出てくるので、一言だけ。


「真中いこうや!」


そこから3発相面行きました。
最後は真っ向面をいただいて終了。



「シーさん、剣道は、竹刀がある事で、男も女も、体格も、そういう差を関係なくしてくれる競技だと思う。
だから、もっと稽古では勝負していこう。当てる事はもうできてるんで、そこでがんばろうや」的な話をしました。



どれだけ伝わっているかはわかりませんが・・・



人気ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします!
   ↓

全般ランキング

posted by mini98 at 23:47| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

全員主役で全員脇役

先日、我が校のバレー部の練習にお邪魔した際、
例の若い指導者が指導する中学生のゲームの相手をずっとしてくれたのは、
高校のいわゆる「控え」の選手でした。


mini98自身は、少人数のクラブ活動しか経験しておらず・・・
(現役でも、指導者としても)


「控え」選手の存在について、これまで意識した事はなかったのですが、
若き指導者が言うんです。


「先生、今日の高校生の選手たち、どう思いました?ボクは、この子たちが、ウチの学校を卒業する時に、
どういう思いで巣立っていくか、そこが一番問題だと思ってるんです。」



話はは違いますが、
今年の甲子園、我が県代表が決まりました!
その高校の監督さんの話。

「広陵の練習で一番辛いのは、どういう練習か?」
…とその先生のお父さんから聞かれたとき、
監督さんは、広陵伝統の辛い練習方法などを答えたらしいのですが…


「お前は何にもわかってない。一番辛いのは、控の選手がレギュラーのために練習の準備をする時や!」


mini98、自分自身に経験がないから、
その若き指導者にはうまく伝えられないと思うのですが・・・


「チームのありかた」について、
指導について、思うところはありますね。



その競技を通じて、何を学ばせるのか。
指導者として、そこはぶれてはいけない部分かなと思います。



人気ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします!
   ↓

全般ランキング


posted by mini98 at 18:14| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月28日

ベルは鳴らさない

あり得ない進路の台風におびえています。
明日開催予定の県段別選手権大会も「中止」という連絡を専務理事から直々にいただきました。
連盟の先生方も対応に追われていらっしゃることがわかります。


あの災害以来、雨らしい雨は降っていなかったので、
逆にこの夏は「水不足」が心配されていましたが・・・
このタイミングでの大雨はちょっと。






「絶対にベルは鳴らしてはならない」


武道の本質は、現状をどう打開していくか。
あきらめない
瞬間善処


自分の持っている能力が何の役に立つかなんて、最初からわかるはずがない。
「やってみないと」わからない。自分の才能は「事に当たって」こそわかる。


嵐の前の静けさ・・・
まだ雨は降っていませんが・・・


人気ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします!
   ↓

全般ランキング

posted by mini98 at 18:50| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月27日

弟子という生き方

「弟子が師から学ぶのは、知識や技術ではなくて「学び方」だからです。言い換えれば「師を欲望する」仕方です。
師にはまたその師がいる。自分からは想像もつかないような高みに立っているその師もまた、その師を見上げている。
順繰りにおのれの師、その師、その師を見上げる「仰角」、それが師弟関係を通じて伝えられていくものの本質だと僕は思っています。」

「同時代人の中での相対的な優劣にこだわって、とりあえずまわりに自分よりできる人間がいなければ、それで満足するというようなタイプの人は、そもそもどんな分野でもたいしたレベルには達しません。自分のレベルを最高度にあげようと思ったら、どこかで「師に仕える」というしくみを取り入れるしかない。」

(『街場の共同体論』内田樹)



これはもう、
ただただ、自分の思いだけです。
でも、そういう「一方通行」でなければ、
師弟関係は成り立たないと思う。



師を見るのではなく、
師の見ているものを見よ。



今の自分はなんなんだろうか。
こんなものか。


自問自答する毎日ですが、
どうしたらいいのかの答えは、
常にそこにあると思います。




人気ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします!
   ↓

全般ランキング
posted by mini98 at 23:53| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月25日

心の動揺

崇菱会稽古。
ここの会場はエアコン完備!
快適に稽古する事が(身体はね)できました。


まずは基本稽古。(mini98ちょっと遅刻したので、参加してから以降のメニュー)

相手と攻合いー面。
何か相手を動かす工夫をしてー面。


「・・・では次・・・」(クイッ・・・mini98を手招きされる)

「次は、一本目、まず基立ちは懸かり手の面を打たせてください。例えば、こう打ちますよね(振りかぶって面)」
(はいはい、これは楽勝)


「二本目、懸かり手は同じ面を基立ちに打つ。基立ちはその面に対応して技を出す。(振りかぶって面)」
(えっ・・・面だよね・・・)

・・・mini98、あわてて「返し胴」などやってしまう。


「あのねーこういうの『センスない』って言うんですよ(笑)振りかぶって面にくる相手に返し胴など通用するはずがない。」
「この場面でこれが閃くようじゃあ・・・だめです」



・・・あっちゃー

\(;゚∇゚)/ヒヤアセモン☆


・・・ま、まっいいか(動揺)


「三本目、懸かり手は面、二本目は基立ち対応。三本目は、その基立ちの対応に対して懸かり手がさらにその先を読んで技を出してください」



これはですね、技の稽古と言えばそうなんですが、
かなり実践的な内容にやりようによってはなる。やりようによってはというのは、
やる人がどれだけ理解できてやっているかという事です。
(理解できてなかったmini98が言うのもなんですが・・・)



さて、稽古。
心の動揺はありましたが(笑)
昨日の稽古での「手元がゆるむ」という指摘をうけて、稽古しました。
不思議な事に、手元の厳しさを心がけると、足の自由度が増す感じがしました。
(冷房が効いていたせいもあるんですかね)
最後らへん、ちょっと怪しかったけれど(笑)
今日は前に並んでいただいた先生方に失礼のない稽古ができたかなと。



稽古終わりのプレジデント範士の言葉。
「稽古のありかたとして、まずは相手の構えの裏をつくという考え方がある。今日稽古を見ていて、ほとんどの人がそうなんだけれども、
その上を行く人の考え方というのは、相手の心の隙をつくということなんですよ。これは端から見ていてはわからないんだけれども。」


これはずっと範士の言われている事ですね。
相手充分自分充分の状態(合気)いわゆる「クッ」とくるところを相手との共同でつくる。つくれるように持っていく。
問題はそこからで・・・
まあ、詳細はmini98もわかってないところもあるので書きませんが、
つまり「打ちたくなったら打つんや!」(笑)



(心の動揺つづく)


稽古後、マニアック先生から突然声をかけられる。

「mini98さん、知っとる?S女史、子がおるんよ!」


(mini98心の声)
・・・えーっマニアック先生早く言ってくださいよ。
S女史は、mini98のFacebookのタイムライン『知り合いかも?』のところに出てきた時に、子どもさんとの写真がアップされているので、
ママさん剣士だと言う事は知っていた・・・(ことをマニアック先生が知らなかった?)
だから「子がいる」と聞いてまず思ったのは、「妊婦さんに返し胴を打ってしまった」ということ。
え、妊娠してるのに稽古してるん?え、え?とパニクってしまった。


「mini98、お前は妊婦さんに容赦ない稽古をつけた血も涙もない、極悪非道人や!」
(・・・と言われているのかと・・・)




・・・マニアック先生は(はーっ(ため息))
「あのねえ、mini98さん思い違いも甚だしい!こんな大きな子どもがおってんよ、そうは見えんねってことよ」





あーーーーーー(; ̄ー ̄A アセアセ・・・




(さらに動揺)



おっちょこちょいなmini98でありました・・・



人気ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします!
   ↓

全般ランキング
posted by mini98 at 23:32| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月24日

詰まった稽古

ヒロダイ稽古。

大学に向かう道中。あちこちで道の崩れた跡が。
あの日からまだ雨が降っていないけれど、また降ったら・・・と考えると
まだまだ気の抜けない状況であることを実感しながら向かいました。


あと、
暑いです(笑)


体温かっ!というような気温のもと、
4、5人目ぐらいから力がなんだか入らないような気が。
・・・でもこれは言い訳で、それでも自分の前に並んでくれた、くださった
学生諸君や先生方に、精一杯の稽古をするべき。
そう考えると、プレジデント範士が誰に対しても気を抜かずに精一杯の稽古をつけてくださることの
尊さというか、すごさが実感される。基に立つからこそ謙虚に精一杯の気持ちを忘れてはならない。


プレジデント範士と師範先生は、本日は「稽古中止命令」(笑)
なにせ気象庁が「災害」と表現した猛暑なので、これは必要な措置だと思います。


稽古後、学生・一般に対しての範士からの注意。
「まず、基本稽古を見て思う事。例えば連続打ちの最後の打ちを『決める!』という意識があれば、
それまでの打ちとは鋭さも強さも違ってくるはず。しかし、それがない。最後の稽古を見ても同じ事がいえる。」



プレジデント範士に最後ご挨拶。



「なんというか、相手の攻めに対して『ゆるんでいる』よね。攻めにも力強さがないし。あれではなかなか『詰まった稽古』にはならんよね」



うーん。いわれるべくしていわれた言葉かも知れません。
確かに今日は気力が持続せず、失礼な稽古をしているなと自分でも思っていました。




この時期、長い稽古はできません。
しかし、だからこそ『詰まった稽古』は心がけなければいけない。



範士の言葉は、そういうmini98の「甘さ」を指摘していただいたものだと思います。




人気ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします!
   ↓

全般ランキング
posted by mini98 at 23:46| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月23日

他競技から学ぶこと

実は、本来なら今の時期は中学生の林間学校があるのですが、
今回の災害で延期となりました。

mini98、引率教員の一員だったのですが・・・
よって本日はクラブの予定を入れておらず。


バレー部の練習を見学させていただきました。
現在mini98は中学の学年付きではありますが、中学生の授業担当ではなく(?)
授業は全部高校生・・・
中学生たちと関わるためには、こういう機会を活用せねば。


中学生になってからバレーを始めた生徒がほとんど。
基礎的な練習では、ただボールを打ってひたすら追いかける練習や、
はねる、飛ぶ。
シンプルだけれども、じわじわ身体にこたえる練習が続きます。


そこから、高校生とのゲーム。
もちろん力の差があり、押されるんだけれども、

「なぜそこで引くんだ!」
「ミスしたことを顔に出すな!それで何のプラスになる!」
「はじいた事で何で慌てる?いまのは上にボールが挙ってるから、チャンスじゃないか?なんでそうとらえない。そういう闘い方をするんじゃない!」

若い監督なんだけれども、しっかり教育しているなあ・・・


普段、担任からはしかられてばかりいる生徒も、
汗びっしょりになりながら、必死にボールを追っている姿は・・・なんだかいい。



監督といろいろな話をしながら、貴重な時間を過ごさせていただきました。



人気ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします!
   ↓

全般ランキング
posted by mini98 at 23:54| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月22日

キミの街へ 〜Anniversary Year

junkoyagami2018-thumb-320xauto-2330.jpg


八神純子Live キミの街へ 〜Anniversary Year


今回の災害で、八神さん自身も開催については悩まれたようです。
mini98も楽しみにはしていたのですが・・・どうなんだろうか・・・



結果。



勇気と元気をもらいました。
行って良かったです。


今回のコンサートには「夫婦「約束」チケット」というカテゴリーがあったのでそれで申し込んだのですが、
そのことにもちゃんと理由があり・・・どんな小さい街にも自分の歌を知ってくれている人がいるならば、
そこに行きたい!という八神さん自身の思いからこのツアーが実現したとの事。



今年でデビュー40周年。



当時、mini98中二まっただなか(笑)
会場は、ちょっとmini98夫婦とは「先輩がた」たちが目立ったかな?(同級生だったりして(笑))



mini98のお気に入りは「パープルタウン」(わかりますかね?)








一気に「中二気分」に戻る(笑)



ただ、最後まで八神さんがこだわっておられたのは、今回の災害の事。
アンコールの選曲も、そこがあったのかなと思います。(妻は不満そうでしたが)



「私は歌う事しかできないけれど・・・でも、それでみんなを勇気づけられるんだったら」



八神さんのその一言が印象的でした。



必要な時に、必要な人が目の前にあらわれる。
人と出会う機会を逃してはいけない。
人との出会いは暖かくもあり厳しくもある。
これは、mini98が教員の職を離れていた時に感じた事でした。



出会いは力です。



人気ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします!
   ↓

全般ランキング
posted by mini98 at 23:23| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月21日

暑気払い

思うに。


今回みたいな天災に対しての対処は、
考えてから行動するのでは間に合わない。


考えながら実践していく。
実践しながら対応していく。



目の前の状況が「進むべき道」を示してくれる。



学校は休みに入りましたが、
生徒の状況は変わらず。
一旦セミナーハウスは退所させましたが、
問題は休み明け。断水、交通事情がどれだけ復旧しているか。



休み中一杯は、その対処に追われそうです。



逃げずにそこに向かっていけば、
自ずと「答え」は見えてくる。



OKD範士の教え「打ちたくなったら打つんや!」なのです。
あるいはイワゴン先生の「打ち構え」ですかね。(『まっ、いいか』のほうがしっくりくるか?)


自分の構えは崩さない。
崩さないというか、常に前を向いて相手に意識がすすんでいる。
しかし、心は身体にとどめておく。
「ビクッ」とすることが起きても、それをそのままどこかに「アース」する。
いちいち対応せず、根本から目を背けない。


そういう気持ちでいると、
しっかり対処できる気がしています。


shoki2015_04.jpg


暑気払い。
スパイス先生のお世話になりました。
またお世話になりたいと思います。
ありがとうございました。



人気ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします!
   ↓

全般ランキング
posted by mini98 at 23:31| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月20日

終業式!

本日は終業式(全校集会)。
・・・と同時に、セミナーハウスに避難していた生徒たちの「退寮式?」でもありました。
イキガカリ上・・・mini98は数人の先生方と生徒たちの「引き取り係」を担当しました。


保護者がこられると、その生徒の担任(あるいは学年の誰か)を呼んで、
書類を保護者に書いてもらって・・・


「お疲れさまです」と保護者に声をかけると、
「今回は本当に助かりました、ありがとうございました」と逆に声をかけていただきました。


ただ、



状況はまだまだ予断を許しません。
交通機関の完全復旧にはまだまだ時間が懸かる地域もあります。



対応は長期戦となります。




生徒たち(特に中学生)の保護者がむかえにこられた時の何ともいえない笑顔に癒されました。




人気ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします!
   ↓

全般ランキング
posted by mini98 at 23:50| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月19日

笑顔をつくる指導

明日は終業式(本校は二期制なので名は『全校集会』といいますが)
mini98が所属している学年(中学生ですが・・・)では、学年集会があり、教員から生徒に向けてのメッセージを・・・
ということで話をしてきました。



まずはお小言(笑)


いや、他の先生方の話を聞く生徒の態度がどうも気になって・・・

「・・・まずは君たちについて私が『気に入らないと思っている事』から話します」と切り出しました。
まあ、生徒はむっとしますよね(笑)それが感覚として話していてわかる。


「私は、剣道をやっているが、師の言葉として印象に残っているのは『人の話は目で聞け』ということです。君たちの今の態度は、先生方の話を鼓膜をふるわせて感じているのかもしれないが、先生方の気持ちも、思いも何も伝わってはいないのではないか。先生方の表情から話の内容の『真意』をつかもうとしていない。人の話を聞くとは、自分のすべての感覚をフルに使ってその真意を読み取って、自分の糧にしていくことで初めて『聞いた』という事になるのではないのか?」


「すでに他の先生方が君たちのこれまでについてはいろいろと言われたので、私はこれから君たちにどうなって欲しいかを言います。
まず、4月から現在まで、自分はどんな事で『笑顔』になったかを考えてみて欲しい。
いま、セミナーハウスで生活している君たちの仲間の中に、事情があって試験を受けられず、課題を課せられている人がいました。
あまりにも一生懸命勉強しているので「がんばってるね」と声をかけたら、「ハイ!明日までに提出しなければいけないので!」と、とってもすてきな笑顔で応えてくれた。次の日、ちょっと早く目が覚めたのでセミナーハウスのホールに行くと、その生徒がもう起きていて、その課題に取り組んでいました。「先生!できました!これで提出できます!」「あーよかったね、がんばったね」と二人で笑顔で話しました。
君たちには、そういう「笑顔」であふれる教室を目指して欲しいと思う。
逆に仲間が何かに失敗した時とか・・・よからぬこと(笑)を考えている時にも「にやり」とすることあるよね。それもまた「笑顔」といえばそうだけれど、そういう「笑顔」をして欲しくないと思っています。後期は『笑顔で一杯の教室』を目指して欲しい。私の望みです」



そんな話をしました。



mini98は、生徒を笑顔にするのが得意な教師でいたいと思っています。
(例の「おやじギャグ」を連発するということではありません(笑))


かつての生徒は「mini98の顔も三度まで!」と厳しかったです。
と言ってくれた事がありますが、今もそのスタンスは変えたくはない。






でも、きっと最後はとびきりの「笑顔」で巣立っていって欲しいと思っています。



人気ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします!
   ↓

全般ランキング
posted by mini98 at 23:47| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

ふんばりどき?

プチ合宿。本日は他の仲間に託してきました。
急遽決まった事なので、臨機応変な部分が各所にあり。

セミナーハウスの掃除分担も決めてはいたけれど、どこの時間でやるのか?
時間調整が昨日は難しかった。


身の回りの掃除だけにするかな?
と思っていたところ、高3の生徒たちが、
「先生!シャワー室の掃除って、担当決まってますか?」


・・・いや、決まってないんよ。明日以降決めるから・・・


「明日、シャワー使う人が髪の毛いっぱいだったら気分悪いので・・・私たち、ざっと掃除してきていいですか?」


もちろん!(笑)


しかも、
「先生、終わりました!」
と方向に来てくれた後、多目的室(みんなが集まる場所です)の椅子を全部整えてくれました。



「先生!おやすみなさい!」



彼女たちの行動は、
本校の校訓の一部。
「和合」「感謝」そのものだと思って・・・



今回、集まった生徒たちは中一から高3まで。
そんな中で、「これぞ先輩」といえる行動を示してくれました。



彼女たちの行動は、次の日の朝食前に全体に紹介して讃えました。



こんな非常時、自宅に帰れば、それどころでない状況にもにもかかわらず、
本校の理念を忘れないで実践してくれる生徒たちに感謝です。



そういう生徒の姿こそが、
私たちの「誇り」でもあります。



だからこそ、今は踏ん張る時だと思います!



さて、崇菱会稽古に今日は行けるぞ!
と思っていたら・・・というか、先週「休みです」といわれていた事を忘れていました(笑)
会場まで行って、暗い道場を見て愕然としました!





まだ、かろうじて踏ん張っています(笑)






人気ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします!
   ↓

全般ランキング

posted by mini98 at 22:03| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

緊急対応

登校や帰宅に長時間かかってしまい、まともに登校して勉強することができない。
あるいは、断水等で入浴や洗濯ができず、登校できない生徒対象に、
校内のセミナハウスを臨時宿泊施設として解放することになりました。

教員で手分けして対応するのですが、
本日はmini98が当番日!
クラブが終わった者から風呂に入らせ、
そろって食堂で晩御飯をいただき、
掃除、自習の時間…

プチ合宿みたいになって、明るい笑顔も見えますが、
生徒たちの現実の生活はまだまだ「平常通り」とは言えません。

せめて夏休みまでの期間は、
落ち着いて授業を受けることができるよう…
できる限りのことをしてやりたいと思います。

そうすることは、
「普段見えないものに目を向ける」
ことにもつながるのではないか?
そう感じています。


人気ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします!
   ↓

全般ランキング
posted by mini98 at 23:03| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

居着き考




脳が騙される=居着く


ということかな。
構えがそのまま攻めにするということは、
ここに通じるものがあると思います。
決して「フェイント」ではない。


プレジデント範士が、
「相手に充分だと思わせて、実は自分の間合いで打てている状態をつくる」と言われるのですが、
それって、こういことかな・・・


決め打ちをしない。
身体全身を使う。


気持ちも身体も精一杯使えるようにする。
剣道を学ぶということは、「日本文化の継承」という部分と、
「身体の探求」という部分があると思います。


あの、
「あ、打たれるな」とわかっていて、何もできずに打たれる場面の謎(笑)
試行錯誤していきたいと思いマス。



人気ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします!
   ↓

全般ランキング
posted by mini98 at 17:47| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

仏法とは

父の三回忌。

AT市の名刹、MP寺にて。
お経をあげていただいた後、院家さんからお話しいただきました。
mini98の小さい頃からお世話になっているお寺ですので、
父の事もよくご存知で、様々な思い出話を交えながら・・・



「仏法というものは、この世界で生きていく事をまずは『受け入れる』こと。今回の大雨もそうじゃが、
なんでこんなことに・・・ということは、生きていけば必ずある。そこを『受け入れる』そして、
そこで気持ちを萎えさせずに、どうやってこの局面を切り開いていくか、ということを考える」

「水がなくなってから、水のありがたさがわかる・・・なんて人間は見えているようで物事の本質をとらえていないのか。
仏法とは、目に見えないものを感じ、そこに感謝して生きるという事です。普段は確かに仕事に追われて大事な事を
見落としているかもしれないが、こういう機会を大事にして、お父さんとの縁を思い出してみるといい」



その帰路。
高速でかえればすぐなのですが、
あえて一般道を通り、被害のひどかった白木〜高陽線で帰宅しました。
途中、道路が寸断されて、迂回路になっている箇所もあり、
芸備線の状況にいたっては想像以上にひどい状態で、目を覆うような有様でした。

そんな中でも、この炎天下、
家の片付けをされている方々、自衛隊の災害派遣車、
全国からの消防隊の派遣車を見かけ、
自分一人の力は確かに小さいけれども、できる事はしっかりとやっていく。
そう運転しながら思っていました。


今日、この時にこの話を聞いて、
この状況を目の前にした事。
このことが、きっと自分の将来を切り開いてくれる力になっていく。
決して気持ちを萎やさず、前を向いていこう。



とっても意味ある誕生日になりました。



人気ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします!
   ↓

全般ランキング
posted by mini98 at 18:19| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

剣道語彙力

image1.jpeg


修理に出していた面がかえってきました。

ええとですね。


men.jpg
(《京都武道具本店HPより》)



「面金」まわりの「面縁」の革が朽ちてしまってボロボロになり、
「かんぬき」もきれてしまっていたのですが、まるで新品のように直していただきました。
「用心垂」の位置も調整してもらって、完璧です。
(伝わりましたかね?)

面金のまわりの革が朽ちてしまってボロボロになり、
あごのところの紐もきれてしまっていたのですが、まるで新品のように直していただきました。
突き垂の裏の保護する部分も位置を調整してもらって完璧です。
(これでも伝わりますか?)


マニアのみなさまに状況を説明したいのに、
直面したのは、面に関する言葉をまったく知らないmini98です。
まったく、マニアの風上にもおけない、マニアを名乗るのもおこがましい。


剣道具の各部分の名称もキチンと言えるようになりたいものです。


人気ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします!
   ↓

全般ランキング

posted by mini98 at 01:22| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

義を見てせざるは勇無きなり

プレジデント範士のお話より。


自分がどういう気持ちで稽古しているか。


@スポーツとしての剣道。

A武道的要素を持ったスポーツとしての剣道。

Bスポーツ的要素をもった武道としての剣道。

C武道としての剣道。


この4段階のどこのレベルで自分が稽古しているかを考える。
もちろん私としては「剣道を武道としてとらえて」稽古するということを
心がけて欲しいとは思っているんですが、そう考えるだけで稽古は全く違ってくるんですよ。



範士のお話を、気の引き締まる思いで聞いていました。



その後、マニアックM先生に、
「ヒロダイの稽古は来週以降どうなんですかね?」と聞いてみる。


「あーmini98さん、今はね剣道をしている時ではない。それくらいの《災害》だと思わなければいけない」


・・・たしかに。
本日から生徒を登校させましたが、
交通機関遮断で登校できない生徒が多数おり、
思っている以上に深刻な事態である事を実感しました。



さて、


武士としての自分。
普通人っぽい武士としての自分。
武士っぽい普通人としての自分。
フツーの人としての自分。




義を見てせざるは勇無きなり。





こういうときだからこそ、
「剣道」を貫いていきたいと思う。



人気ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします!
   ↓

全般ランキング
posted by mini98 at 23:30| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たそがれ

今日は一日、生徒の安否確認と今後の対応策を考える事に終始しました。
・・・っと思ったら、さらにF町で川が決壊したとのこと・・・
さらに、近くに住む生徒への安否確認。
予断を許さない状況です。


明日から一応生徒を登校させますが、
今後も状況見ながら対応していく事になるかと思います。


剣道を習う事は
自己を習うという事である。


できる限りの精一杯、
と言いながら、あまりにもできる事の少ない事に閉口しています。


「剣道を習うという事は、パーソナリティと社会と、それ自体の文化性の上に立って、剣道主体を
ふとらせていくことでなければならない・・・
・・・剣道とは何ぞや、自己とは何ぞや、限りない問いかけの中で、心をこめてくりかえして生き抜くことである」
(『剣心去来』湯野正憲範士)



何かをしようとあせらない。
毅然とした態度で、普段通り。
そうすれば、道は開ける。


「打ちたくなったら打つんや」
OKD範士の言葉の意味は、そういうことなのではと思う。



・・・春霜会事務局長さんにお誕生日おめでとうのメッセージを送りましたら、
「ありがとうございます。だんだんと人生たそがれてまいりました」


と返信。


《たそがれ》
古くは「たそかれ」。「誰 (た) そ彼 (かれ) は」と、人の見分けがつきにくい時分の意》

1 夕方の薄暗い時。夕暮れ。

2 盛りを過ぎて終わりに近づこうとするころ。「人生の黄昏」



・・・確かにおたがい、たそがれましたね(笑)



剣道を習う事は
自己を習うということである。



まだまだ、ゴールはみえません。
たそがれてはいますが(笑)

あゆみを止めずに、
ただ前を向いていくばかりなり。




人気ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします!
   ↓

全般ランキング

posted by mini98 at 00:17| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

今こそ「瞬間善処」

日ごとにその被害の大きさが明らかになっています。
前回の土砂災害の時は、その被害が局所に集中していた感じでしたが、
今回はほんとに広範囲にわたって被害がひろがっています。


犠牲者の人数も日を追うごとに増えてきています。


寸断された道路、
物資の流通がストップし、
市内のコンビニやスーパーでは、
空の陳列ケースが目立ちます。


あれだけ「モノ」にあふれかえっていたのに、
あっと言う間に「モノ不足」に。
我々の生活というのは、案外「もろい」ものの上に成り立っていたのだ、
ということを痛感します。
「ある」ということが当たり前と思っていてはいけない。


マニアックM先生から早々にご連絡いただきました。
「明日の大学稽古。大人の稽古は中止です」


・・・まあ、そうですよね。
行こうにも、大学までの道が寸断されていて、
行く事ができない。


IMG_0454.jpg



しかし、武道の本質は「瞬間善処」
しっかりと事態を把握して、自分のとるべき行動を、
できる限りの精一杯で。



人気ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします!
   ↓

全般ランキング

posted by mini98 at 22:06| Comment(0) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月07日

見返りを求めない

2014年の土砂災害時の時を思い出させるようなすごい雨でした。
報道のとおり、今回も県内各地で甚大な被害がおきています。


朝、憲ちゃん先輩から連絡。
「家は大丈夫か?」


先輩ありがとうございます。
大丈夫です。


この土日は出勤日なのですが、
今日も早朝から出勤、しかし行事はもちろん中止ですが、校内のあちこちが水浸しになっており、
その対応に追われました。さらに、職場のご近所がなにやら騒がしい。
どうも裏山が「プチ崩れ」(でも、今後雨が続くと大変な被害になりそう)して、
生活道路が土砂で使えなくなっているとのこと。

80年近くもこの場にある学校ですので、
ご近所の方々との繋がりは大事です。

mini98は、2014年の災害の時にボランティアに参加して土砂の撤去をお手伝いした経験があるので・・・
こういう時はとにかく「人手がいる」んです。



校内の対応が終了後、有志とともに土砂撤去のお手伝いに参加しました。



「プチ」とは言っても、膨大な土砂の量。
スコップで掘っても掘っても・・・でも、やり続ける限りいつかは終わるんですよね。
土砂を土嚢袋に詰めて、これ以上土砂が流されないように土嚢を積み、
車が通れるだけのスペースを確保しました。



最後はご近所の方々とともに拍手で終了(笑)



「ありがとう」と言っていただき・・・
いえいえ、その笑顔だけでこちらとしては幸せです。



「ありがとう」と言って欲しいからやったのか?
それとも「それをやっている自分」に酔っているのか?
おまえはどうなんや?



ボランティアって・・・



でも、「これ、持っていきんさい!」ともらった、
おむすびとお茶は、どんな高級料理よりも美味しかったですよ!



「お役に立ててうれしかった」


この気持ちしかありません!
まだまだ油断はできませんが・・・
貴重な体験でした!



人気ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします!
   ↓

全般ランキング

posted by mini98 at 17:29| Comment(4) | 稽古記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする